直木賞受賞作品まとめ(3)-第61~80回-1969~1978年(説明文付)

2019-03-27文学賞直木賞

※著者名は「ウィキペディア(Wikipedia)」の該当ページにリンクしています。

全作品一覧は以下をご覧ください。

 

 第80回 1978年 下半期

宮尾登美子 「一絃の琴」
一絃のみの琴の音色が描く明治の女たちの矜恃と情念

土佐藩の上士の娘・苗は、祖母・袖の嗜みであった一絃琴を5歳の時に初めて聴き、その深い音色に魅せられた。運命の師有伯と死別した後、結婚生活で一度は封印したものの、夫の理解を得て市橋塾を始め、隆盛を極めた。その弟子となった蘭子は苗との確執の果て、一絃琴の伝統を昭和に伝える……。

 

有明夏夫 「大浪花諸人往来」
文明開化期の大阪の町を舞台とした異色捕物小説。36話からなる浪花の源蔵召捕記事の全編を全5巻に収録。
本巻では第80回(昭和53年下半期)直木賞受賞作品の「大浪花諸人往来」(角川書店)所収の、西郷はんの写真、天神祭の夜、尻無川の黄金騒動、大浪花別嬪番付、鯛を捜せ、人間の皮を剝ぐ男の6編を収録。
多くの捕物小説が江戸時代の江戸を舞台とする中で、明治初年の文明開化期、しかも大阪の町を舞台としたという極めてユニークな設定の捕物小説であるとともに、大阪人の心意気や、文明開化に伴う急激な世相の変化に翻弄される庶民の心情がユーモラスに描かれた傑作。

 

第79回 1978年 上半期

津本陽 「深重の海」
滅びゆく古式捕鯨の悲劇を描く
明治11年、捕鯨史上の大遭難となった熊野沖の“背美流れ"。それは長年栄えた古式捕鯨衰退の始まりでもあった。時代に置き去りにされるものたちの叫びと愛を描く傑作長編。

 

色川武大 「離婚」
「ことさら深刻ぶるのはよそうぜ」などとカッコいいせりふを吐いてぼくたち二人はおたがい納得して「離婚」したのです。ところがどこでどうなったのでしょうか、ぼくはいつのまにか、もと女房のアパートに住みついてしまって…。男と女のふしぎな愛と倦怠の形を、味わい深い独特の筆致で描き出す

 

第78回 1977年 下半期

なし

第77回 1977年 上半期

なし

第76回 1976年 下半期

三好京三 「子育てごっこ」
東北の寒村で小学校教師をしている夫妻が、ひょんなことから学校に通ったことのない少女・吏華を預かることになった。吏華は5歳のころより老画家に連れられて、住まいを転々としていたのだ。
厳格な<男先生>と社会常識のかけらも身につけていない吏華、その間に立って右往左往する<女先生>の波乱の日々が始まる――。
子育てとは、教育とは何かを問う問題作で、1976年に第41回文學界新人賞、第76回直木賞を受賞。1979年には映画化され大きな反響を呼んだ。
より事実をなぞっているといわれる姉妹作「親もどき〈小説・きだみのる〉」を同時収録。

 

第75回 1976年 上半期

なし

第74回 1975年 下半期

佐木隆三 「復讐するは我にあり」
列島を縦断しながら殺人や詐欺を重ね、高度成長に沸く日本を震撼させた稀代の知能犯・榎津巌。捜査陣を翻弄した78日間の逃避行は10歳の少女が正体を見破り終結、逮捕された榎津は死刑に―。綿密な取材と斬新な切り口で直木賞を受賞したノンフィクション・ノベルの金字塔を三十数年ぶりに全面改訂した決定版。

 

第73回 1975年 上半期

なし

第72回 1974年 下半期

井出孫六 「アトラス伝説」
明治十四年一人の洋画家が謎の死をとげた。冬崖・川上万之丞陸軍測地課長の要職にあった。狂を発し死に走ると伝えられた真相は?直木賞受賞作の他に「非英雄伝」など三篇を収める。

 

半村良 「雨やどり」
男を騙しながらも、なお、一途な女ごころのいじらしさ、哀しさ…。新宿裏通りにあるバー“ルヰ"。カウンターの前を通り過ぎるさまざまな人生を描く第72回直木賞受賞作の表題作他7編。

 

第71回 1974年 上半期

藤本義一 「鬼の詩」
2012年に惜しまれて亡くなった稀才の代表的傑作集。鬼気迫る落語家の魂を描いて直木賞受賞の「鬼の詩」、師に“追随”する漫才師を描く「贋芸人抄」、三味線の天才娘の悲劇「下座地獄」、運命の師、映画監督川島雄三との決定的な体験を描いた「生きいそぎの記」と講演。その後の作家の姿がここにある。

 

第70回 1973年 下半期

なし

第69回 1973年 上半期

藤沢周平 「暗殺の年輪」
武家の非情な掟の世界を端正な文体で描き、直木賞を受賞した表題作。ほか処女作「溟(くら)い海」など4篇を収録した記念碑的作品集。

 

長部日出雄 「津軽世去れ節・津軽じょんから節」

「津軽世去れ節」「津軽じょんから節」で第69回直木賞を受賞した第一創作集。津軽を舞台にした6編を収録。

 

第68回 1972年 下半期

なし

第67回 1972年 上半期

綱淵謙錠 「斬」
最も人道的な斬首の方法とは、被刑者に何らの苦痛もあたえず、一瞬のうちに正確にその首を打ち落とすことである…。“首斬り浅右衛門”の異名で恐れられ、七代二百五十年に渡り世襲として罪人の首を切り続けた山田家の一族。その苦悩と末路とは?豊富な資料に裏打ちされた、第67回直木賞受賞の異色歴史小説。

 

井上ひさし 「手鎖心中」
材木問屋の若旦那、栄次郎は、絵草紙の人気作家を志すあまり、馬鹿馬鹿しい騒ぎを起こして……歌舞伎にもなった直木賞受賞の傑作。

 

第66回 1971年 下半期

なし

第65回 1971年 上半期

なし

第64回 1970年 下半期

豊田穣 「長良川」
誇り高きひとにとって辛く無残なるは、己れの真情を、己れの過去の秘めごととともに他に吐露することであるという。海軍中尉豊田穣は、過ぐる大戦において乗機被弾、不時着、漂流の果てに虜囚となり、失意と絶望の渕を流浪しつつ作家豊田穣と変身するに際し、その長い苦渋の海を渡った―。本書はその魂の絶唱。

 

第63回 1970年 上半期

結城昌治 「軍旗はためく下に」
陸軍刑法の裁きのもと、祖国を遠く離れた戦場に処刑された帝国軍人たちの知られざる真実と非情を追求した力作。

 

渡辺淳一 「光と影」
戦場で負傷した腕を、一人は切断され、一人は不自由のまま残された士官二人の運命の皮肉を描く直木賞受賞作ほか三篇の初期傑作。

 

第62回 1969年 下半期

なし

第61回 1969年 上半期

佐藤愛子 「戦いすんで日が暮れて」
『九十歳、何がめでたい』の原点。弱気な夫と、巨額な借金を背負い込んで奮闘する妻を、独特のユーモアとペーソスで描く直木賞受賞作。ほかに『ひとりぽっちの女史」「佐倉夫人の憂愁」「結婚夜曲」などの傑作短篇7篇、新装版あとがきを収録。

 

 

過去の受賞作

過去の直木賞

過去の芥川賞

 

過去の新井賞

  高校生直木賞はこちら  

売れ筋ランキング(Amazon)

直木賞受賞作家 芥川賞受賞作家

 

関連記事

文学賞直木賞

Posted by 綾糸