• ルクセリタスの初期設定~使い方
  • ルクセリタスのカスタマイズ
  • ルクセリタスの設定箇所一覧
  • カラーコード一覧
  • 文学賞発表月別一覧

WordPress管理画面でGoogleツール表示-Google公式プラグイン「Site Kit」

プラグインGoogle

Google公式アプリとして正式公開された「Site Kit by Google」。

WordPress管理画面で、以下のGoogleのサイト運営情報が一元管理でき、便利そうなので試してみました。

設定方法と、表示される情報についてまとめています。

※当サイトでは「Google Optimize」は利用していません。

余談

アナリティクス情報のみ表示できる「Google Analytics Dashboard for WP」というプラグインもあります。

こちらのプラグインについては以下をご覧ください。

 

前提・注意点

サーチコンソールの事前登録

Site Kit by Google」を利用する為には、サイト所有権の確認が必要で、事前に「Google SerchConsole」の登録が要ります。

Search Console

 

 

エックスサーバーでの注意

Site Kit by Google」の設定をする前に、WordPressセキュリティ設定の「REST API アクセス制限」をOFFにする必要があります。

エックスサーバーでは「ON」がデフォルトですが、そのままでは「Site Kit by Google設定でエラーが出ますので、

一時的に「OFF」にして、設定が終わったらまた「ON」に戻します

 

エックスサーバーにログインし、

「WordPressセキュリティ設定」を開きます。

エックスサーバー:WordPressセキュリティ設定

 

対象のサイトドメインを選択します。

エックスサーバー:WordPressセキュリティ設定

 

REST API アクセス制限を「OFFにする」にチェックし「設定する」ボタンで保存します。

エックスサーバー:WordPressセキュリティ設定

 

Site Kit by Google」の設定完了後、再度「ON」にするのをお忘れなく!

 

プラグイン設定

プラグイン名:Site Kit by Google

↓ カーソルを載せるとCopyボタンが出ます。

Site Kit by Google

Site Kit by Google

 

プラグイン→新規追加からプラグイン名で検索し、インストールし有効化します。

 

有効化すると、プラグイン一覧の上部に以下のような画面が出ますので、

「START SETUP」の青いボタンを押します。

Site Kit by Google設定スタート

 

Googleにログインする事で、Site Kitがサーチコンソールやアナリティクスにアクセスする事を許可していきます。

この先は、基本的に「許可」ボタンを押していくだけで完了します。

 

サイトの所有確認

Googleにサインインします。

Site Kit by Google設定

 

アカウント選択画面が出たら対象のサイト用のアカウントを選択、または別のアカウントでログインからログインします。

Googleアカウント選択

 

ログインすると以下の2つのポップアップが順番に出るので「許可」を押します。

 

 

 

許可した内容が表示されます。以下の画面が出たらサイド「許可」ボタン

 

 

ここでチェックが付いていない項目は、後のアナリティクスとの連携で許可していきます。

 

 

一旦、ダッシュボードへ

最期に「私のダッシュボードに行く」を押すとWordPressダッシュボードに移動します。

 

Site Kit ダッシュボード

 

アナリティクスとの設定

ダッシュボードに以下が表示されますので、「SET UP ANALYTICS」を押します。

Site Kit アナリティクス設定

 

再度Googleログイン

Googleログイン

 

ログインすると以下の4つのポップアップが順番に出るので「許可」を押します。

 

 

 

許可した内容が表示されます。以下の画面が出たらサイド「許可」ボタン

権限の付与

 

アナリティクス・サーチコンソール情報の表示

CONFIGURE[ANALYTICS」ボタンを押すと、情報が表示されます。

Site Kit 情報表示

 

これで以下のようなデータが表示されます。

アナリティクス・サーチコンソール表示

 

アドセンス、ページスピード

さらにアドセンスやページスピードと連携するには、それぞれ以下を押して設定可能ですし、あとからまた設定する事も出来ます。

設定はこれまでと同様、

Googleにログインし「許可」していくだけです。

 

Site Kit その他の設定

一旦ここまでで設定完了です。

 

Site Kit メニュー

左側メニューの「ダッシュボードの下に「Site Kit」が追加されますので、ここからダッシュボードや設定が出来ます。

Site Kitメニュー

 

 

設定済み

Site Kit設定済み

 

未設定

未設定のものが表示されますので、こちらからそれぞれ設定可能です。

Site Kit未設定