三浦春馬-2018年「Tourist台北編」画像付きネタバレ完全解説!

Tourist 三浦春馬

2021-01-16三浦春馬春馬・ドラマ,春馬・ネタバレ

はじめに

Paraviオリジナルドラマ「Tourist」は、三浦春馬くん主演のドラマで全3話あります。

悩みを抱えた3人の女性が、「バンコク」「台北」「ホーチミン」の各旅先で、旅を続けているミステリアスな男性・天久真(あめくまこと)に出会い、本当の自分を見つけ出すヒューマンストーリー。

Tourist 三浦春馬
※公式サイトより

それぞれに小一時間のフルバージョンと、それより15分ほど短い天久真(春馬)バージョンの2パターン

  • 第1話 バンコク編(ヒロイン=水川あさみ)
  • 第2話 台北編(ヒロイン=池田エライザ)
  • 第3話 ホーチミン編(ヒロイン=尾野真千子)

その他にも春馬くん始め、ヒロイン女優たちのインタビュー動画や、主題歌を歌うHYUKOHと春馬くんのスペシャル対談動画もあります。

(インタビュー動画や予告動画は無料で見られます。)

 

公式サイト(Paravi)

 

今回は、「Tourist」第2話台北編の詳細です。

第1話は以下をご覧ください。

 

Blu-ray&DVD-BOX化決定

Paraviオリジナルドラマ『tourist ツーリスト』は、Paraviでしか見られませんが、遂にBlu-ray&DVD-BOX化が決定しました。

2021年12月3日(金)発売

 

【Amazon.co.jp限定】 L版ブロマイド1枚付

全3話/本編約148分+特典映像
【特典映像】各話の魅力・裏側
【封入特典】ブックレット

Blue-ray

tourist ツーリスト Blu-ray BOX

時間:2 時間 28 分
発売日:2021/12/3
販売元:TCエンタテインメント
ディスク枚数:2枚

DVD

tourist ツーリスト DVD-BOX

時間:2 時間 28 分
発売日:2021/12/3
販売元:TCエンタテインメント
ディスク枚数:2枚

 

Tourist台北編

スタッフ・主題歌

監督:スミス
演出:関和亮
製作統括:松島哲夫
脚本:倉光泰子、登米裕一
プロデューサー:櫻井雄一、藤原麻知、米田匡男

音楽:HYUKOH(TOY’S FACTORY)
オープニング曲 Comes And Goes
エンディング局 LOVE YA!

 

キャスト

三浦春馬

池田エライザ
仁村砂和
石橋奈津美

概要

初回放送:2018/10/1

恋愛至上主義を卒業し、結婚を決めた25歳の津ノ森ホノカ(池田エライザ)は、はるこ(仁村砂和)、かほ(石橋奈津美)と独身最後の思い出作りに、古い習わしと近代文化が融合する「台北」へ出かける。最初からハプニング続きで、旅の3日目には食あたりでダウン。2人と別行動を余儀なくされ、ひとり出向いた市場のカフェで、大男から逃げ回る天久真(三浦春馬)と出会う。男をまくため、カップルのフリをしてほしいと真に頼まれたホノカ。成り行きで真と一晩だけの”恋人ごっこ!をすることに・・。

 

第2話 無料予告動画(Paravi)

ネタバレ詳細

序章

走っている天久真(三浦春馬)。

誰かに追いかけられている?

 

天久真バージョン俺は今、台北の街を走っている なぜならそれは

Tourist 三浦春馬

 

天久真バージョンこの男に追いかけられているから・・

Tourist 三浦春馬

※天久真バージョンは、真の心の声とナレーション。時々、真目線の違う映像あり。


 

天久真バージョン俺はその風習をすっかり忘れていた。気づいたのはそれを拾い上げた後だった。・・・「やばい」

Tourist 三浦春馬

 


結婚を控えた津ノ森ホノカ(池田エライザ)は、独身最後の思い出作りに2人の友人の黒川はるこ(仁村砂和)、藤本かほ(石橋奈津美)と3泊4日の台北旅行に来ている。

ホノカは、空港到着時、飛行機内でスマホを失くし、いきなりテンションが落ちる。

Tourist 三浦春馬

しかし、豪華なホテルやエステで気分回復。

3人は楽しく観光地を巡り、スマホを失くしているホノカは、友人はるこのスマホでインスタ用写真を撮りまくる。

Tourist 三浦春馬

ふと他の画像を開いてしまったホノカ、そこにはホノカが大学時代に付き合っていた彼、リョウと映るはるこ。

自分と別れた後に付き合っていたらしいが、2人は自分に秘密にしていた事で、気分が落ち込むも、夜には3人で飲み、おしゃべりして友情復活。

 


ホテル洗面所にて。

気分が悪く吐いているホノカ。心配している友人2人。

台北最後の夜。2日目の夜に食べたものが原因で、食あたりに苦しみ、一人ホテルに残される事に。

少し気分もよくなったが、友人たちが戻って来るまでにはまだ時間があり、一人で街に出てみる事に。

 

出会い

はるこが置いて行ってくれたスマホを持ちカフェへ出かけるホノカ。

カフェから婚約者に電話をしていると・・

自由に恋愛を楽しんで来たホノカ。結婚を決めた相手は「地味」を絵に描いたような、今までに付き合ってこなかったタイプの男性。

Tourist 三浦春馬

外が騒がしい。(上の画像にちらりと映る、逃げる真)

 

天久真バージョン友達と話した事はないだろうか。人生最後の食事に何を食べるのか。いわゆる「最後の晩餐」というやつだ。

 

Tourist 三浦春馬

 

 

ホノカの心の声「もう燃えるような恋はいい。燃えたところで灰になるだけなら、そもそも燃えなくていい」

そう言いながら、地味な男性との結婚をどこか物足りなく感じている?

 

天久真バージョン彼女の最後の晩餐は ”俺” だった。

そこへ真が走り込んで来て、ホノカの正面に座る。

Tourist 三浦春馬

 

天久真バージョンあ、かわいい・・・反応も悪くない

驚くホノカに「追われてるのでカップルのフリして」と言い、置いてあったホノカのキャップを被る真。

Tourist 三浦春馬

Tourist 三浦春馬

 

ホノカ「新手のナンパですか?」

真「ナンパだとしたら困る?」

ホノカ「もうすぐ結婚するんで」

 

天久真バージョンまだ独身ってことね

真「おめでとう!乾杯しよう!」

ホノカ「(なんだ、、この男・・・)」

 

天久真バージョン思った通り、俺たちは意気投合した

しかし会話は楽しく、ホノカは3人で旅行に来ている、なぜ今1人でカフェにいるか、今日が旅行最後の日である事などを話す。

結婚相手は自分とは正反対の静かな人だけど、たぶん幸せにしてくれると思うというホノカ。ただ、ドキドキハラハラするような恋をすることはもうないのかと、少し寂しいと言う。

 

天久真バージョンそれが君の望みなんだ・・。

真「恋人ごっこしてみる?」

ホノカは悩みながらも乗ってみることにし、スマホの電源を切る。

 

刺激

Tourist 三浦春馬

名前を名乗り合う、津ノ森も天久も珍しいと言い合い、

ホノカ「次の苗字は田中。普通でしょ?でも姓名判断では田中の方がいいんです。」

真「名前で運なんて決まるの?」

ホノカ「津ノ森ホノカの人生は波乱万丈だった」

真「波乱万丈が悪い訳じゃないよね」

ホノカ「疲れますよ」

真「何歳よ」

ホノカ「25」

真「疲れる年齢じゃないよね」

真「平凡は退屈だよ」

ホノカ「私の結婚 辞めさせたいんですか?」

真「恋人だからね」

Tourist 三浦春馬

ちょっとドキドキしながら、「じゃ、あたしもホントに”ごっこ遊び”してもいいですか?」と、頬を差し出しキスを迫る。

Tourist 三浦春馬

 

天久真バージョンその積極さ、いいね・・。

すぐに実行しようとする真を制止するホノカ。

ホノカ「待って待って待って!”ごっこ”じゃなくなりそうだから!」

観光で来たのかと聞くホノカに、そうじゃない、こないだまでは別の国にいたという真。

Tourist 三浦春馬

ホノカ「まさか 自分探し?」

真「いや、自分じゃないけど、人を探してる」

ホノカ「探偵なの?」

真「誰にも言わない?(とミステリアスに)」

Tourist 三浦春馬

真「・・実は、スパイなんだ」

Tourist 三浦春馬

信じないホノカに

真「今、追われてるんだ」

Tourist 三浦春馬

 

カフェを出ると、早速、大男が追ってくる

Tourist 三浦春馬

なんで追われてるのかというホノカに、真は赤い紙を見せ

Tourist 三浦春馬

 

「これのせいだ。これにはこの国の重要な情報が入ってる。俺はそれを盗んだ」

ホノカ「意味わかんない!何者なの?犯罪者?」

Tourist 三浦春馬

見つかった!鉢合わせ!殴られる???

怖がるホノカ。

Tourist 三浦春馬

、、と思ったら大男は真に抱き着く!

Tourist 三浦春馬

 

2人は中国語で何か言っている、、、

訳が分からないホノカ。

Tourist 三浦春馬

そこへ男の妻らしき人物が怒鳴りながら走ってきて、中国語でわめき合いながら、大男を殴る。

よけようとした大男の腕が、止めようとしたホノカに当たり、ホノカは倒れてしまう。


ホノカの友人たちは、ホテルにホノカがいない事を心配し、探しに行く事に。

街角のTVのニュースでは、日本人観光客が誘拐されたというニュース。街の人も「あんたたちみたいな子を狙って誘拐犯がうろついてるよ」と言う。

ホノカは誘拐されたんじゃないかと心配する はるこ。

大人なんだから大丈夫だという かほ。


 

どこか怪しい部屋で目覚めるホノカ

Tourist 三浦春馬

外から話し声が聞こえる。

ドアを開けてみると、そこにはさっきの大男と真。

 

そして 一家団欒???

Tourist 三浦春馬

ホノカ「なに・・・これ」

真「墓場に行くんだ。ホノカと一緒」

どういうこと??

Tourist 三浦春馬


絵葉書を大男に見せ、何かを聞いている真。

Tourist 三浦春馬


 

家族と思われる人たちは また 揉めている。大男は部屋の外へ連れて行かれる。

Tourist 三浦春馬

 

Tourist 三浦春馬

 

ホノカ「全然 話が見えない」

やっと本当の事は話す真

真「結婚させられそうなんだ。娘さんと」

ホノカ「え? (娘は)どこの?」

 

棚の上に飾られた写真に目をやる真。

Tourist 三浦春馬

真「台湾には ”冥婚” という古い慣習があって、14才に満たない女の子が死んだら、その子の為に結婚相手を探すんだって。」

ホノカ「でも、、、どうやって?」

真「これのせいだよ」

Tourist 三浦春馬

 

真「これを道端に置いて、拾った人間を夫にする」

Tourist 三浦春馬

うっかり拾ってしまい、しまったと思ったが遅く、それ以来、亡くなった女の子の親に追いかけられていた真。

 

ホノカ「亡くなった人と、、、結婚、、。やばいじゃん!!! 行こ!!」

真の手を引き、家を飛び出す。

ホノカ「真くんは結婚しちゃだめ。イケメンは結婚しちゃダメなの。世の女性が夢を見れなくなる」

Tourist 三浦春馬

真「なんだよ、それ」

まだ追ってくる大男。楽しそうに逃げる2人。

 

天久真バージョン俺はちょっとだけ ”この瞬間が永遠に続けばいい” なんて考えたりした

Tourist 三浦春馬

Tourist 三浦春馬

Tourist 三浦春馬

ホノカの友人が手を繋いで走る2人を目撃し、誘拐犯に連れられていると思い、彼女たちも警察を呼んで追ってくる。

Tourist 三浦春馬

 

ホノカ「友達、、、友達も入ってる」と後ろを指さす。

Tourist 三浦春馬

 

広場の太極拳に紛れ込み、なんとか大男をやり過ごす2人。

真を誘拐犯だと思っている友人。帰ろうと言うが「いやだ」とホノカ。

 

ホノカ「今はまだ帰りたくない」

Tourist 三浦春馬

 

2人はまた走り出す。

 

デート

広場の噴水に落ちるホノカを笑う真。助けようと手を差し伸べると引っ張り込まれる。

Tourist 三浦春馬

キスをしてくるホノカ

真「やばい、モテ期だ」

 

天久真バージョンもう ”ごっこ” じゃ終われないかもしれない

 


びしょ濡れになった2人は、洋服を買いに。

Tourist 三浦春馬

 

(昭和風のかわいらしい(?)洋服たち。)

試着してみるホノカ。待たされていた真は試着室へ入り込む。

Tourist 三浦春馬

ホノカ「変態!」

真「視覚的に刺激が欲しくて・・」

ホノカ「じゃ、先にそっちが見せて」

真「変態!」

急接近する2人・・。

真「早く、着て出てきてよ」と試着室を出る。

 

「これ ダサくない?」と不満げなホノカに「似合ってるから大丈夫」と勝手に精算する真。

Tourist 三浦春馬

真「かわいい子は何着てもかわいい」

鏡をのぞき込むホノカ 「だっさ!」

Tourist 三浦春馬

 

 

ホノカ「どんな人生 送ってきたの」

真「クソみたいな人生」と吐き捨てるように言い、店を出る。


ホノカ「何者なの?」

真「タダの人だよ」

ホノカ「真くんの事、教えて」

真「俺の事、知ったら失望するよ」

隣同士の電話ボックスに入り、

Tourist 三浦春馬

自分の事を話し始める真。

Tourist 三浦春馬

 

真「社畜だったのにクビにされて、27になって自分探しみたいなことして。」

ホノカ「そんなもんだよねー」

真「つまんない人生で終わりたくないなー」

ホノカ「じゃ、楽しい人生ってなに?」

真「わかんないじゃん」

ホノカ「ね、、、そんなもんでしょ!」

Tourist 三浦春馬

真「夜が明けるまであと3時間か」

ホノカ「東京に帰りたくない」

真「そんなに俺と離れたくないか」

ホノカ「そうだよ だってさ、これも思い出になるわけじゃん」

ホノカ「あたしの人生も黄昏時じゃん?」

真「いやいや、黄昏んの早すぎでしょ」

ホノカ「やっぱ 早すぎたのかなー」

真「俺が悩んだ時 行くとこどこだと思う?」

ホノカ「パチンコ? カラオケ? どこ?」

真は答えず、電話ボックスを後にする。

 


夜景の見える高台へ

Tourist 三浦春馬

なぜ台湾に来たかと尋ねるホノカに「探し物があって」と答えると、「あきらさんって人の事?」とホノカ。

真「なんでその名前知ってんの」

Tourist 三浦春馬

ホノカは、真の絵葉書(差出人:天久あきら)を落ちてたと言い、返してくれる。

Tourist 三浦春馬

ホノカ「奥さん?お兄さん??」

真は答えない。

 

結婚観について語りあう。結婚は墓場?

ある意味、諦めであるというホノカ。

Tourist 三浦春馬

 

ホノカ「真くんはアタシに与えられた最後の晩餐。骨までしゃぶりつくしてやる!」

ホノカ「”冥婚”って知ってたの?」

真「間違えて拾っただけ、だから、すげぇビビったよ」

ホノカ「まじ?間抜けだね」

Tourist 三浦春馬

 

 


 

高台で夜が明ける。眠ってしまった真は、真を呼ぶホノカの声に起こされる。

 

ホノカ「これ!」と上を指さす

 

見上げてみると・・

Tourist 三浦春馬

 

絵葉書の絵と同じ建物。

ホノカ「あきらって人、ここに来たんだね」

真「ほんとだ」

ホノカ「同じ景色 見たんだよ」

Tourist 三浦春馬

 

Tourist 三浦春馬

ホノカ「もう朝だ」

真「帰ろっか」


歩き出すと、またあの大男に見つかり追われる。ホノカの手をひき逃げる真。

疲れて倒れ込む大男。

Tourist 三浦春馬

すると、ホノカが急に、真の手をほどき立ち止まる。

Tourist 三浦春馬

ホノカは男の元へ、真も続く。

 

ホノカは男に、

「文化も違うしよくわからないけど、それでも、赤い封筒を拾ってしまった事、本当にごめんなさい。」と頭を下げ、真にも謝罪を促す。

Tourist 三浦春馬

真は中国語で男に謝罪。男はやっと諦めがついたのか、ゆっくりと去って行く。

Tourist 三浦春馬

真「ありがとう」


 

別れ

真「友達大丈夫?女の友情はややこしいんじゃないの?」

ホノカ「ややこしい、でもいいじゃん。 ”津ノ森”ホノカの寿命はあと少しなんだから」

真「最後の夜をありがとね」

ホノカ「こちらこそ」

 

ホノカ「あたしの旅はもうすぐ終わりだけど 真くんは?」

真「終わらないねー」

次はどこに行くのというホノカに、ホーチミンの絵葉書を見せる。

ホノカ「探し物、見つかるといいね」

 

これ以上一緒にいると帰りたくなくなるからここで別れようとホノカ

もし、離婚して、再会したら恋人になってみない?と言うホノカに

「悪くないね」と笑う真。

Tourist 三浦春馬

 

ホノカ「じゃ」

真「うん じゃ」

Tourist 三浦春馬

 

 

天久真バージョン夜が明けて魔法がとけた。”最後の晩餐” お気に召しましたようで何よりです。

Tourist 三浦春馬

 


 

ホノカはホテルへ戻り、心配していた友人たちに謝り仲直り。無事に3人で帰国の途に。

 

空港で写真を撮る3人。

わいわい言っているホノカに気づくがそのまま立ち去る真。

 

天久真バージョンいつかまた、君が旅に出る時 きっとまた出会えるだろう。

Tourist 三浦春馬

 

ふっと振り返るが気づかないホノカ。

Tourist 三浦春馬

 

ホノカは日本へ。

真はホーチミンへ。

 

「天久あきら」が誰なのか、なぜ真は探しているのか?

 

第3話へ

 

すべての画像 (C)Paravi

関連記事