三浦春馬-1999年-映画「金融腐食列島~呪縛~」の詳細

金融腐食列島~呪縛~

2021-06-22三浦春馬春馬・映画

金融腐食列島~呪縛~

概要

1999/09/18
経済小説家・高杉良のベストセラー小説を、『KAMIKAZE TAXI』の原田眞人監督が映画化した社会派ドラマ。主演は『どら平太』の役所広司。

 

キャスト・スタッフ

原作・脚本: 高杉良
監督: 原田眞人
脚本: 鈴木智/木下麦太
撮影: 坂本善尚
音楽: 川崎真弘
製作総指揮: 角川歴彦/高岩淡/羽佐間重章

<第一勧業銀行>
北野浩(企画部副部長): 役所広司
片山昭雄(MOF担当): 椎名桔平
佐々木英明(取締役相談役→最高顧問): 仲代達矢
中山公平(国際部担当常務→頭取) – 根津甚八
中澤専務: 石橋蓮司
久山隆(取締役相談役): 佐藤慶
石井卓也(企画部副部長): 矢島健一
松原秀樹(広報部副部長): 中村育二
大野木検事:遠藤憲一
一条弁護士:もたいまさこ
和田美豊:若村麻由美
佐藤弘子: 黒木瞳
川上多治郎:丹波哲郎北野今日子(北野浩の妻): 風吹ジュン
北野浩一(北野浩の息子): 三浦春馬
北野レナ(北野浩の娘): 大谷玲凪

あらすじ

総会屋との“呪縛”を断て! 銀行再生に立ち上がった中堅銀行員たちの奮戦を描いて公開当時話題に。銀行幹部陣と刷新派の行員陣、そして検察庁の駆け引きに手に汗を握る。

1997年の東京。総会屋に対する300億円もの不正融資が発覚した大手都銀、朝日中央銀行(ACB)に、検察庁の強制捜査が入る。だが幹部陣は型通りの謝罪会見を行なうのみで、自己保身に走るばかりだった。副部長の北野ら“ミドル4人組”と呼ばれる中堅行員たちは、ACB再生には役員総辞職による刷新しかないと団結し、幹部陣と対立するが、北野には事件の主犯と見なされる佐々木相談役の娘婿という負い目があり……。

 

春馬くんのシーン

役名:北野浩一

主演:北野浩(役所広司)の息子役で自宅でのシーンで数回、延べ1~2分程度出演。

祖父(仲代達矢)に「ワインは飲む前に香りをかぐんだ」などと教えられ、ワインを飲む。

金融腐食列島~呪縛~

金融腐食列島~呪縛~

父の記者会見を見て母(風吹ジュン)が「パパ、怖い顔してたね。パパは悪い人?」と聞かれ「悪い人じゃないよ。色々あるけどさ」と大人びた返事をする浩一。

金融腐食列島~呪縛~

父の同僚が亡くなり、焼却場で待っている間、妹と遊ぶ浩一。両親も来て、一緒に煙突から出る煙を眺める。

金融腐食列島~呪縛~

 

視聴方法

観られる可能性のあるもの

AmazonプライムWOWOW

関連記事