三浦春馬・初出演作品-1996年「森村誠一の終着駅シリーズ」詳細

人間の十字架・飛騨高山

2021-06-22三浦春馬春馬・ドラマ

1996年:6歳の時の初出演作品「森村誠一の終着駅シリーズ・人間の十字架・飛騨高山、刑事の妻の秘密旅行が連続殺人を呼ぶ」の詳細です。

森村誠一の終着駅シリーズ

概要

「人間の十字架・飛騨高山、刑事の妻の秘密旅行が連続殺人を呼ぶ」

2021年現在、32作となっているサスペンスシリーズドラマ(第4作までは露口茂、第5作以降は片岡鶴太郎が主演)の第6作で、1996年9月28日、テレビ朝日系列「土曜ワイド劇場」で放送。

キャスト・スタッフ

原作:森村誠一
脚本:岡本克己
制作:テレビ朝日、東映

<警察関係>
牛尾正直(強行犯捜査係・刑事):片岡鶴太郎
大上達夫:松村雄基
坂本:北村総一朗
山上(刑事課 刑事):青木卓司
池(刑事課 刑事):志村要
永井(所轄署巡査部長):大場泉
鑑識:藤田宗久
<事件関係者・その他>
木田由紀子:大寶智子
松川武彦:沢向要士
篠沢幹夫:岡野進一郎
今井昭一:鷲生功
大上美千代(大上刑事の妻):秋本奈緒美
大橋冴子:あらいすみれ
土産物屋店主:江幡高志
ひったくりの男:鼓太郎
一刀彫師:花上晃
不動産屋:飯島大介
町野公一(ひき逃げ被害者):鎌手宣行(子供時代:三浦春馬
町野一男(公一の父):田村亮
町野聡子(一男の妻):一柳みる

 

あらすじ

新宿裏通りでチンピラが刺殺される事件が発生し、 先輩の牛尾(片岡鶴太郎)や山上(青木卓司)、 池(志村要)等と一緒にホテルで張込みをしていた新宿西署の大上(松村雄基)は、 そこで妻の美千代(秋本奈緒美)の不倫現場を目撃してしまう。 町野(田村亮)の息子の公一(鎌手宣行)が轢逃げされて死亡し、 町野の妻の聡子(一柳みる)が後を追って首吊り自殺をする。 牛尾は公一の事件を捜査している所轄署の巡査部長の永井(大場泉)と共に町野を訪ね、 町野夫婦が公一の家庭内暴力に悩んでいたことを知る。

牛尾はかつて、 小学生になったばかりの公一(三浦春馬)がボールを追って線路内で転んだときに、 助けてやったことがあった。

新宿のホテルでフリールポライターの今井が絞殺され、 ホテルの従業員に被害者の身元を確認していた牛尾に、 大上が今井の身元を説明する。 今井こそ美千代の不倫相手であり、 その関係から大上は今井のことを知っていたのだ。 美千代が今井と高山へ不倫旅行に行った際、 今井が顔見知りらしいカップルを見たらしいと美千代に聞いた牛尾は、 高山へ捜査に向かう。

一方、 今井が殺されたホテルの部屋で発見された防犯用の着色剤は、 銀行の行員が自転車に乗った男(鼓太郎)にバッグをひったくられた際、 その男目掛けて投げたものだということが判明する。 又、 同じホテルの部屋で鑑識員(藤田)が高山の民芸品を発見しており、 土産物屋店の店主(江幡)からそれが売られた店を教えて貰った牛尾は、 彫り師(花上)に会い、 その民芸品を買ったのは今井でも美千代でもないことを知る。 同じ頃、 聡子や公一と旅行に行ったことのある高山に出掛けた町野は、 死に場所を探していた由紀子と知合う。 牛尾は由紀子と一緒にいた町野に偶然、 出会い、 民芸品を買ったのは由紀子であることを知る。 由紀子は大橋物産に勤める恋人の篠沢と一緒に高山に来ていたのだが、 その後、 篠沢に大橋物産社長の娘の冴子との縁談が持上がり、 篠沢に捨てられた由紀子は、 篠沢に買って貰ったその民芸品を篠沢に返したという。

冴子は今井が殺された事件を調べる牛尾に対し、 事件のあったホテルの隣のビルで、 松川グループの会長の孫で婚約者の松川と一緒に食事をしていたと話し、 篠沢のことについては自分とは住む世界が違うと冷たく言放つ。 今井が殺されたホテルに残された民芸品が篠沢の物と判明した為、 刑事課長の坂本は今井殺しの容疑者として篠沢に事情聴取することを決める。 チンピラ刺殺事件を目撃した不動産屋(飯島)がいることを山上から聞いた牛尾は、 早速、 話を聞きにその不動産屋を訪ねた。

 

春馬くんのシーン

役名:町野公一

ひき逃げ死亡事件の被害者:町野公一(鎌手宣行)を牛尾は10年前、サッカーボールを追いかけ線路内に入り、電車にひかれる寸前に牛尾(片岡鶴太郎)に助けられた少年として回想での1シーン出演。

(C)テレビ朝日、東映

視聴方法

観られる可能性としては、再放送ですが、古いドラマの為、期待薄かもしれません。

 

テレ朝CS ・ J:COM

 

関連記事