Googleアドセンスのポリシー違反メールが届いた際の対処法

2020-11-29OtherGoogle

Googleアドセンスからポリシー違反メールが届きました。

今回は、一部のページが違反しているとのことなので、そのページがどれなのかを調べる方法と、対処法についてです。

 

ポリシー違反のページを調べる

以下のようなメールが届きます。

Googleアドセンスポリシー違反

 

上図、赤枠で囲った部分の「AdSenceポリシーセンター」をクリックしてアドセンスのサイトを開きます。

 

※PCメールなどでテキスト表示の場合は以下のURL部分。

Googleアドセンスポリシー違反

 

以下のようなポリシーセンターページが表示されます。

 

Googleアドセンスポリシー違反

違反しているサイト情報が表示されるので、赤枠の部分をクリックします。

 

違反内容と、該当ページアドレスが表示されます。

Googleアドセンスポリシー違反

右端の矢印をクリックすると、詳細が表示されます。

 

Googleアドセンスポリシー違反

 

対処方法

対処方法は以下です。

該当のページを削除

一番簡単なのは、違反となったページ自体を削除してしまう事で解決します。

 

アドセンス広告を削除

違反のあるページでのみ、アドセンス広告を表示しないように、コードを削除(テーマやウィジェット設定により対処は異なる)する。

 

違反のないページに修正する

違反となる部分を削除・修正し、違反ページの詳細から「審査をリクエスト」ボタンを押し、修正内容で再審査を受けます。

Googleアドセンスポリシー違反

 

以下のようにチェックを入れ、再度「審査をリクエスト」を押します。

Googleアドセンスポリシー違反

審査には1週間程度、またはそれ以上かかるようです。

 

審査依頼を完了すると以下のように表示されます。

「このページの審査は 2020年11月29日にリクエストが送信され、現在保留されています。」と表示されます。

Googleアドセンスポリシー違反

 

審査完了

問題がなければ、ポリシーセンターに以下のように表示されます。

Googleアドセンスポリシーセンター

 

参考:当サイトでの対応

当サイトの場合は「アダルトコンテンツ」の違反でした。

三浦春馬「ダイイング・アイ」のあらすじ解説ページです。

ダイイングアイネタバレページ

 

おそらくベッドシーンなどの画像だと思ったので、それらを削除し「審査リクエスト」を依頼しました。

(画像だけでなく、文章の内容でも引っかかる可能性があります。)

 

その後しばらく多忙で放置している間に、無事審査完了していました。

Googleアドセンスポリシーセンター

関連記事

OtherGoogle

Posted by 綾糸