WordPressのサーバー選び!自動インストール付サーバー比較

2019-01-20インストール高速化

 

はじめに

Webサイトを始める際、サーバー選びはとても重要です。

サーバーの性能、セキュリティ、速度、容量や機能が十分か、重くないかなど様々な点において使う前に決定するのは困難です。

大抵のレンタルサーバー運営会社には、「試用期間」が用意されているので、その間に使い勝手やスピードなどを確認する事が出来ますが、いろんなサーバーに申込をして比較しながらサイト構築をしてみる というのは現実的ではないかもしれません。

 

そこで今回は、運営母体がしっかりしている老舗的な会社で、WordPressを始めるのに便利な3社を比較しています。

 

2社については実際に利用していますので、どこが最適か個人的な結論はありますが、ひとまず比較をご覧ください。

 

機能・料金比較

各社、Wordpress利用が便利なようにいろいろなツールがあり、以下の3社はWordPressの自動インストールが可能です。

 

各社のプラン、簡単な比較は以下です。

初期費用 月額 容量 転送制限 独自SSL サブドメイン MySQL お試し
エックスサーバー
3,000円 900円 200GB 無制限 無料 無制限 50個 10日間
1,800円 300GB 70個
3,600円 400GB 70個
さくらのレンタルサーバー 1,029円 515円 100GB 80GB 無料 100 20個 14日間
1,543円 200GB 120GB 150 50個
5,142円 3,600円 300GB 160GB 200 100個
ロリポップ! 1,500円 250円~ 50GB 60GB × 300 1個 10日間
500円~ 100GB 100GB 500 30個
2,000円~ 400GB 無制限 500 100個

※上記以外にも各社プランあり

 

費用面、容量だけでなく、安定性や稼働率、使える機能にも差がありますので自分にあったサーバーを選択する必要があります。

費用面

  1. さくらのレンタルサーバー
  2. ロリポップ!
  3. エックスサーバー

容量

  1. エックスサーバー
  2. さくらのレンタルサーバー
  3. ロリポップ!

転送制限

  1. エックスサーバー
  2. さくらのレンタルサーバー
  3. ロリポップ!

機能

  1. エックスサーバー
  2. さくらのレンタルサーバー
  3. ロリポップ!

性能(速度)

個人的には、ロリポップ!は使ったことがないので2社の比較です。

  1. エックスサーバー
  2. さくらのレンタルサーバー

Googleの<Page Speed Insight>で比較

(注)速度はWordPressで使っているテーマによってもかなり違います。
 今回の比較は、サイト内容まで同じとはいきませんが、テーマを同じにしている自サイト(エックスサーバー)と、管理サイト(さくらサーバー)で行いました。

 

◆エックスサーバー

モバイル

PC

サーバー応答時間 合格

 

◆さくらサーバー

モバイル

PC

 

サーバー応答時間 ちょっと遅い

まとめ

以上のことから、費用面以外は「エックスサーバー」の圧勝ではないでしょうか。

もちろん、他にも多数レンタルサーバーはありますし3社のうち1社は試用もしていませんので絶対とは言い切れませんが。

 

個人的にお勧めは エックスサーバー
という結果になりました。



エックスサーバーでのWordPress自動インストールについては、以下もご覧ください。

  • WordPressランキング
  • にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ