WordPressの投稿一覧:タグや投稿者で記事を絞り込む

WordPress・カスタマイズプラグイン不要

はじめに

WordPressの投稿一覧管理画面で、記事を探す際、「日付」か「カテゴリー」で絞り込むことが出来ます。

WordPress投稿一覧

 

ですが、タグや投稿者でも絞り込めればより便利に記事を探せる場合もある為、それを実現する方法についてです。

 

投稿一覧カスタマイズ

手順

function.php にコードを追記するのみで可能です。

プラグインなどは必要ありません。

 

注意事項

ただ、function.phpを直接編集する際は、注意しないとワードプレス自体が動かなくなってしまう事があります。

バックアップをとるなど自己防衛を!!

必ず「子テーマ」のfunction.phpファイルに記述します。

<ルクセリタスでの例>

子テーマ編集

 

子テーマを利用していない場合は、バックアップを取り親テーマに記述も可能ですが、動作しなくなる可能性のリスクだけでなく、

親テーマのバージョンアップ時にはコードも消えてしまいます。

 

function.phpを触らずに、簡単にコードを追加したり編集したり、更にはコード単位で管理できて ON・OFFもできる便利なプラグインもあり、以下で紹介しています。

 

コードを記述

function.phpに直接編集する場合は、以下から。

「外観」→「テーマエディタ」で、function.phpに追記。

 

タグで絞り込む

 

タグで絞り込むコードを表示
function add_post_tag_filter() {
global $post_type;
if ( $post_type == 'post' ) {
wp_dropdown_categories( array(
'show_option_all' => 'タグ一覧',
'orderby' => 'name',
'hide_empty' => 0,
'selected' => get_query_var( 'tag' ),
'name' => 'tag',
'taxonomy' => 'post_tag',
'value_field' => 'slug',
) );
}
}
add_action( 'restrict_manage_posts', 'add_post_tag_filter' );
function reset_post_tag_filter() {
if ( isset( $_GET['tag'] ) && '0' == $_GET['tag'] ) {
unset( $_GET['tag'] );
}
}
add_action( 'load-edit.php', 'reset_post_tag_filter' );

 

投稿者で絞り込む

 

投稿者で絞り込むコードを表示
function add_author_filter() {
global $post_type;
if ( $post_type == 'post' ) {
wp_dropdown_users( array(
'show_option_all' => 'ユーザー一覧',
'name' => 'author'
) );
}
}
add_action( 'restrict_manage_posts', 'add_author_filter' );

 

結果

投稿一覧の上部に「タグ」が追加されます。

WordPress投稿一覧

 

投稿者で絞り込むコードも追記すると「ユーザー」も追加されます。

WordPress投稿一覧

 

以上。

関連記事