WordPress5.5の新機能!画像遅延やテーマ・プラグインの自動更新など

使い方

WordPress5.5の新機能

WordPress5.5から追加された新機能についてのまとめです。

 

WordPress5.5

 

スピード

画像の遅延読み込み

特に設定をしなくても自動で遅延読み込みされるようになりました。

これまでLazyRoad系のプラグインで対応していた場合は、プラグイン不要になります。

 

具体的には、画像ファイル(img と iframe)のタグに「loading=”lazy”」が自動挿入されます。

 

WordPress5.5

 

SEO

XMLサイトマップ生成

WordPress5.5

 

 

プラグインを使わない場合

この新機能を利用し、これまでに使っていたプラグインをやめる場合の対応について。

 

「Google XML Sitemaps」などのプラグインで生成されるXMLファイルのアドレスをGoogle SerchConsoleなどに設定している場合、

自動生成されるサイトマップアドレスは以下のようになる(「sitemap.xml」ではない)為、変更する必要があります。

 

https://ドメイン/wp-sitemap.xml

 

自動生成を利用しない場合

「設定」→「表示設定」

表示設定

 

「検索エンジンでの表示」

「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックを入れるとコアサイトマップが表示されなくなります。

インデックスを生成しない

 

詳細は以下

WordPressコアを作成する

 

 

セキュリティ

プラグインの自動更新設定

WordPress5.5

 

以下のように、プラグイン単位に「自動設定を有効化」する設定が可能になりました。

プラグインの自動更新設定

 

有効化すると以下のように表示され、時間経過後に自動で更新されます。

プラグインの自動更新設定

 

プラグインには不具合がある場合があり、テーマとの相性もあるので、様子を見てから更新したい場合は、自動更新設定にしない方がいいかもしれません。

 

テーマの自動更新設定

以下のように、プラグイン単位に「自動設定を有効化」する設定が可能になりました。

 

テーマの自動更新設定

 

有効化すると以下のように表示され、時間経過後に自動で更新されます。

テーマの自動更新設定

 

 

テーマとプラグインの自動更新が完了するとメールが届きます。

From: WordPress <wordpress@ドメイン>

一部のプラグインとテーマが、https://XXXX.jp のサイト上で自動的に最新バージョンに更新されました。何もする必要はありません。
以下のプラグインを更新しました:
– Classic Editor バージョン1.6

以下のテーマを更新しました:
– Twenty Twenty バージョン1.5

問題が生じたり、サポートが必要な場合は、WordPress.org のサポートフォーラムのボランティアが助けになるでしょう。
https://ja.wordpress.org/support/forums/

WordPress チーム

 

ブロックエディタ

色々な新機能があるようです。

WordPress5.5

 

jQueryバージョンの更新

WordPress5.5から「jQuery関連」が変更になるようです。

jQuery変更は影響が大きくなる為、以下のように段階的に変更していく予定のようです。

 

WordPress 5.5

現jQuery Migrate(新旧バージョン差異を解決するjQuery)を削除

 

WordPress 5.6

最新のjQuery、最新のjQuery Migrate、最新のjQuery UIに変更

 

WordPress 5.7

最新のjQuery Migrateを削除

 

参考プラグイン

jQuery変更の影響は、それぞれのテーマや利用プラグインなどの環境によって様々なので、テストできるプラグインを利用してみるのもいいかもしれません。

Test jQuery Updates

Test jQuery Updates

 

jQuery Manager for WordPress

jQuery Manager for WordPress

 

その他

WordPress5.5

WordPress5.5

 

詳細は以下で確認出来ます。

WordPress 5.5フィールドガイド

 

 

関連記事

使い方

Posted by 綾糸