Google XML Sitemapsで検索エンジン用サイトマップを自動作成

2019-02-01プラグインGoogle

 

はじめに

サイトマップには2種類あります。

XML形式

検索エンジンにサイト内のページをすべて知らせる為に作成します。

たとえばGoogle Serch Console などにXMLファイルを送信する設定にしておくと、常に最新のサイト内ページ情報がGoogleに送られます。

XMLは、以下のようなページになります。

HTML形式

HTML形式のサイトマップは、サイトを訪れた利用者の為の「記事一覧」ページになります。

記事の数が増えてくると古い記事が埋もれていくので、すべての記事を表示できるページを作っておく事は、管理上もメリットがあります。

記事一覧作成については以下をご覧ください。

 

インストール

 

 プラグイン名は、以下にカーソルを載せ右に出る「Copy」を押すことでコピー出来ます。
Google XML Sitemaps

プラグイン→「新規追加」で検索し、インストール、有効化します。

Google XML Sitemaps

 

設定

有効化すると、左側のメニュー「設定」の中に「XML-Sitemap」が追加されますので、それを選択します。

 

一番上に表示されているアドレスが自動生成されるサイトマップURLになります。

 

基本設定


上から3つにチェックします。(確かデフォルト)

ブログの更新をGoogleとBingに自動で通知する事が出来ます。

  
(Googleに更新を通知する)
 
(Bingに更新を通知する)

サイトマップの場所を検索エンジンに知らせることができます。

  サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加

 

HTML形式でのサイトマップを含める」にチェックを入れる事を推奨されているサイトもありますが、もしチェックを入れていて「Google Serch Console」でエラーが出るようなら外しましょう。

 

投稿の優先順位

設定画面の一番最後に「優先順位」を細かく設定出来ますので、ここでは一番上にチェックをし、自動計算させないようにします。

Sitemapコンテンツ

ブログのコンテンツとして重要なページのみをインデックスさせると、検索エンジンのクロールが最適化される為、重要ではないページのチェックを外します

うちではチェックするのは以下の4つにしています。

  • ホームページ
  • 投稿(個別記事)を含める
  • カテゴリーページを含める
  • 最終更新時刻を含める

 

含めないカテゴリー


インデックスしたくない(または必要のない)カテゴリーがあれば選択します。

 

投稿(個別記事)を含めないの設定

ここでは各記事に個別に振られる「ユニークID」で指定します。

ユニークIDとは?

 

〜post.php?post=[ ID ]&action〜
下書き中の記事なら 編集画面のアドレスに出ている「post=XXXX」の数字部分

 

パーマリンクに「post_id」を入れている場合は、公開記事のアドレスの数字部分

 

更新頻度の設定

ここでする設定は「絶対的な命令ではなくヒント」とみなされます。 とありますが、「Sitemapコンテンツ」で設定したサイトマップに含めるコンテンツを頻繁に更新し、それ以外は「更新なし」にしておくと、クロール最適化に繋がると思われます。

  • ホームページ   毎日
  • 投稿(個別記事) 常時
  • カテゴリー別   毎週
  • 古いアーカイブ  毎年
  • タグページ    毎週

現時点での既知のバグについて

タグページは必要がなかったのですが、「カテゴリー別」の更新を設定しても反映されず、「タグページ」の設定が「カテゴリー別」の設定になっている事が判明しました。

カテゴリー別に関して「更新頻度」と「優先順位」を設定し、タグページにはどちらも更新なしのプライオリティ0にしていると、カテゴリーが以下のような結果に

タグページもカテゴリー別で指定したい設定と合わせると解決

 

 「Sitemapコンテンツ」の設定にタグページを含める必要はありません。
「更新頻度」と「優先順位」のみ、「タグページ」のところに「カテゴリー別」で指定したい設定をしておく事で、ひとまずバグには対応できます。

 

優先順位の設定

優先順位は「1.0」が最大です。
1.0 最重要 ~ 0.0 重要でない

ここでも「Sitemapコンテンツ」で設定したサイトマップに含めるコンテンツを重要に設定し、必要ないページは「0.0」にしておきます。

上記、既知のバグで説明した通り、ここでも「タグページ」に「カテゴリー別」で設定したい優先順位をセットします。

 

以上で完了です。

あとは自動でXMLサイトマップを生成し、更新通知してくれます。

 

Serch Consoleにサイトマップをセットする場合は、一番上に出ている通り、自身のサイトアドレス+sitemap.xml になります。

 あなたのサイトマップのインデックスファイルのURL:
https://XXXXX.com/sitemap.xml

関連記事