ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞の受賞作品と候補作品

文学賞

ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞とは

公募 発表:12月

主  催:株式会社KADOKAWA メディアファクトリー ダ・ヴィンチ編集部
対  象:内容は「本にまつわる物語」に限定

2012年の第7回で終了した「ダ・ヴィンチ文学賞」の後継にあたるが、2015年の第3回以降、実施されていない?

出典:ウィキペディアダ・ヴィンチ

 

ダ・ヴィンチ文学賞については以下をご覧ください。

第3回(2015年):205篇

大賞:該当なし

 

最終候補作

相川英輔 When the ship comes in
佐々木タマミ 骨つつじのこと
鳴瀬ツグミ グレーバードの虹色の朝
真之あんじ 8月3日に会いに行く

 

第2回(2014年):160篇

大賞:三萩せんや/神さまのいる書店 まほろばの夏

「本と友達になれるなんて、とっても素敵なことだと思わない?」本好きの高校生・紙山ヨミは、司書教諭の紹介で「まほろば屋書店」で夏休みのバイトをすることに。そこは、魂が宿り生きている“まほろ本”を扱った、世にも不思議な書店だった。お店で出会った同僚の青年・サクヤは金髪で無愛想、不良みたいな見た目。しかし彼はいつも、ヨミが見たこともないほど美しい本を持っていて―。

 

最終候補作

小林栗奈 アレクサンドリアの炎
滝原典 一条さんの文芸部

 

第1回(2013年):219篇

大賞:藤石波矢/初恋は坂道の先へ

彼女が消えた。一冊の本とともに。小学校の教師をしている研介。一冊の本が届いた日、恋人が失踪した。本の贈り主は彼女の「忘れられない初恋相手」か?田舎町に暮らす中学生の本好き女子は、敬愛する小説家の家で不登校児と出会った。彼は祖父の著書をばらばらにする謎の行動をしており、初めは馴染めなかったが、徐々に交流を深めていく。第1回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞・大賞受賞作と、短編「かなたの小説」を収録。

 

読者賞:やながさわかだ/イワレ奇譚

 

最終候補作

背群磐 すべてラブレター
日野原爽 カサンドラの予言
溝地めぐる 眠る倉庫の役割

 

文学賞

Posted by 綾糸