読売文学賞・小説賞-第1回(1949年)~受賞作品のすべて

文学賞

読売文学賞・小説賞-第1回(1949年)~受賞作品のすべて

読売文学賞とは

発表:翌年2月

主  催:読売新聞社
対  象:小説賞=小説
その他、戯曲・シナリオ、随筆・紀行(第19回より創設)、評論・伝記、詩歌俳句、研究・翻訳の6部門に分類

対象期間:過去1年間に発表された作品。前年11月~同年11月(変動あり)

出典:ウィキペディア読売文学賞

 

第70回(2018年)

対象期間:2017年11月~2018年11月

平野啓一郎/ある男

人はなぜ人を愛するのか。幼少期に深い傷を背負っても、人は愛にたどりつけるのか。
「大祐」の人生を探るうちに、過去を変えて生きる男たちの姿が浮かびあがる。
人間存在の根源と、この世界の真実に触れる文学作品。Amazonで探す

 

第69回(2017年)

対象期間:2016年11月~2017年11月

東山彰良/僕が殺した人と僕を殺した人

選考会で絶賛された​直木賞​​受賞作『流』を経て生まれた、圧倒的青春小説! 1984年​、台湾​。13歳だった。 夏休みが終わる​ほんの​2日前、ぼくたちの人生はここから大きく狂いはじめたんだ。 2015年冬、アメリカで連続殺人鬼「サックマン」が逮捕された。デトロイトの荒んだ街並みを見つめながら、「わたし」は、台湾で過ごした少年時代を想い出していく。三十年前、わたしはサックマンを知っていた――。 1984年夏、​台北​で、兄をなくしたばかりのユン、牛肉麺屋のアガンと弟のダーダー、喧嘩っ早くて正義感の強いジェイは友情を育んでいた。四人の少年たちは、ある計画を実行することに決めた……。 サックマンとは誰なのか? その謎をめぐる青春ミステリー。

Amazonで探す

 

第68回(2016年)

対象期間:2015年11月~2016年11月

リービ英雄/模範郷

1950年代、6歳から10歳まで台湾にいた「ぼく」。日・米・中・台の会話が交錯する旧日本人街「模範郷」。そこは間違いなく「ぼく」の故郷であり、根源であった。何語にも拠らない記憶の中の風景が変わり果てたことを直視したくない「ぼく」は、帰郷を拒んでいた。だが知人の手紙を機に半世紀ぶりにかつての家を探しに行くことを決意する。越境文学の醍醐味が凝縮された一冊。

Amazonで探す

 

第67回(2015年)

対象期間:2014年11月~2015年11月

古川日出男/女たち三百人の裏切りの書

あなたたち後世の人々よ。改竄された物語に、私が耐えられると思うか? 野間文芸新人賞・読売文学賞ダブル受賞作。 死して百有余年、怨霊として甦り「本もの」の宇治十帖を語り始めた紫式部。一方、海賊たちは瀬戸内に跋扈し、蝦夷の末裔は孤島で殺人術を研き、奥州の武士たちは太刀と黄金を全国に運んでいた。いくつもの物語は次第に交錯し、やがてひとつの像を結ぶ。圧倒的なスケールと幻視力で紡がれる《古川日出男版》源氏物語。

Amazonで探す

 

第66回(2014年)

対象期間:2013年11月~2014年11月

川上弘美/水声

1996年、わたしと弟の陵はこの家に二人で戻ってきた。ママが死んだ部屋と、手をふれてはならないと決めて南京錠をかけた部屋のある古い家に。夢に現われたママに、わたしは呼びかける。「ママはどうしてパパと暮らしていたの」―愛と人生の最も謎めいた部分に迫る静謐な長編。

Amazonで探す

 

星野智幸/夜は終わらない

「婚約者が自殺した」との報せを受けた玲緒奈。しかし彼女には、次に殺す予定の別の婚約者がいた。男を惑わし、財産を奪い、殺す。玲緒奈には不思議な掟があった。夜が始まると彼女は言う。「私が夢中になれるようなお話をしてよ」死の直前、男の語る話の内容で命の長さは決まる。命を懸けた究極の物語が始まる。

Amazonで探す

 

第65回(2013年)

対象期間:2012年11月~2013年11月

村田喜代子/ゆうじょこう

貧しさゆえ熊本の廓に売られた海女の娘イチ。廓の学校“女紅場”で読み書きを学び、娼妓として鍛錬を積むうち、女たちの悲哀を目の当たりにする。妊娠する者、逃亡する者、刃傷沙汰で命を落とす者や親のさらなる借金のため転売される者もいた。しかし、明治の改革の風を受け、ついに彼女たちはストライキを決意する―過酷な運命を逞しく生きぬく遊女を描く。

Amazonで探す

 

第64回(2012年)

対象期間:2011年11月~2012年11月

多和田葉子/雲をつかむ話

とつぜん届いた犯人の手紙から、「雲蔓式」に明かされる、わたしの奇妙な過去―読売文学賞と芸術選奨文科大臣賞を受賞した「雲をつかむ話」。レネの義兄の家を借りるためボルドーへ向かう優奈の、ひと夏の断章―ドイツ語で書かれドイツで発表されたのち、自身で日本語小説に転じた「ボルドーの義兄」。各国語に翻訳され、欧米、アジアのみならず、世界中で新作が待望される日本人作家、魅惑の二長篇。

Amazonで探す

 

松家仁之/火山のふもとで

「夏の家」では、先生がいちばんの早起きだった。―物語は、1982年、およそ10年ぶりに噴火した浅間山のふもとの山荘で始まる。「ぼく」が入所した村井設計事務所は、夏になると、軽井沢の別荘地に事務所機能を移転するのが慣わしだった。所長は、大戦前のアメリカでフランク・ロイド・ライトに師事し、時代に左右されない質実でうつくしい建物を生みだしてきた寡黙な老建築家。秋に控えた「国立現代図書館」設計コンペに向けて、所員たちの仕事は佳境を迎え、その一方、先生の姪と「ぼく」とのひそやかな恋が、ただいちどの夏に刻まれてゆく―。小説を読むよろこびがひとつひとつのディテールに満ちあふれた、類まれなデビュー長篇。

Amazonで探す

 

第63回(2011年)

対象期間:2010年11月~2011年11月

該当なし

 

第62回(2010年)

対象期間:2009年11月~2010年11月

桐野夏生/ナニカアル

昭和十七年、林芙美子は偽装病院船で南方へ向かった。陸軍の嘱託として文章で戦意高揚に努めよ、という命を受けて、ようやく辿り着いたボルネオ島で、新聞記者・斎藤謙太郎と再会する。年下の愛人との逢瀬に心を熱くする芙美子。だが、ここは楽園などではなかった―。戦争に翻弄される女流作家の生を狂おしく描く。

Amazonで探す

 

第61回(2009年)

対象期間:2008年11月~2009年11月

高村薫/太陽を曳く馬

福澤彰之の息子・秋道は画家になり、赤い色面一つに行き着いて人を殺した。一方、一人の僧侶が謎の死を遂げ、合田雄一郎は21世紀の理由なき生死の淵に立つ。―人はなぜ描き、なぜ殺すのか。9.11の夜、合田雄一郎の彷徨が始まる。

Amazonで探す

 

第1~第60回(1949~2018年)

著者 作品
60回
2008年
黒川創 かもめの日
59回
2007年
松浦理英子 犬身
58回
2006年
該当なし
57回
2005年
堀江敏幸 河岸忘日抄
宮内勝典 焼身
56回
2004年
松浦寿輝 半島
55回
2003年
小川洋子 博士の愛した数式
54回
2002年
水村美苗 本格小説
53回
2001年
荻野アンナ ホラ吹きアンリの冒険
52回
2000年
伊井直行 濁った激流にかかる橋
山田詠美 A2Z
51回
1999年
筒井康隆 わたしのグランパ
三木卓 裸足と貝殻
50回
1998年
小川国夫 ハシッシ・ギャング
辻原登 翔べ麒麟
49回
1997年
村上龍 イン・ザ・ミソスープ
小島信夫 うるわしき日々
48回
1996年
該当なし
47回
1995年
日野啓三
村上春樹 ねじまき鳥クロニクル
46回
1994年
石井桃子 幻の朱い実
黒井千次 カーテンコール
45回
1993年
該当なし
44回
1992年
中薗英助 北京飯店旧館にて
43回
1991年
坂上弘 優しい碇泊地
青野聰 母よ
42回
1990年
森内俊雄 氷河が来るまでに
41回
1989年
高井有一 夜の蟻
古井由吉 仮往生伝試文
40回
1988年
色川武大 狂人日記
39回
1987年
澁澤龍彦 高丘親王航海記
38回
1986年
津島佑子 夜の光に追われて
37回
1985年
高橋たか子 怒りの子
田久保英夫 海図
36回
1984年
吉村昭 破獄
35回
1983年
該当なし
34回
1982年
大江健三郎 「雨の木」を聴く女たち
33回
1981年
井上ひさし 吉里吉里人
司馬遼太郎 ひとびとの跫音
32回
1980年
該当なし
31回
1979年
島村利正 妙高の秋
30回
1978年
野口冨士男 かくてありけり
29回
1977年
島尾敏雄 死の棘
28回
1976年
八木義徳 風祭
27回
1975年
吉行淳之介 鞄の中身
檀一雄 火宅の人
26回
1974年
和田芳恵 接木の台
25回
1973年
中里恒子 歌枕
安岡章太郎 走れトマホーク
24回
1972年
永井龍男 コチャバンバ行き
23回
1971年
該当なし
22回
1970年
吉田健一 瓦礫の中
21回
1969年
耕治人 一條の光
小沼丹 懐中時計
20回
1968年
河野多惠子 不意の声
瀧井孝作 野趣
19回
1967年
網野菊 一期一会
18回
1966年
丹羽文雄 一路
17回
1965年
庄野潤三 夕べの雲
16回
1964年
上林暁 白い屋形船
15回
1963年
井上靖 風濤
14回
1962年
安部公房 砂の女
13回
1961年
該当なし
12回
1960年
外村繁 澪標
11回
1959年
正宗白鳥 今年の秋
中野重治 梨の花
10回
1958年
該当なし
9回
1957年
室生犀星 杏っ子
野上弥生子 迷路
8回
1956年
三島由紀夫 金閣寺
久保田万太郎 三の酉
7回
1955年
里見弴 恋ごころ
幸田文 黒い裾
6回
1954年
佐藤春夫 晶子曼陀羅
5回
1953年
該当なし
4回
1952年
阿川弘之 春の城
3回
1951年
大岡昇平 野火
2回
1950年
宇野浩二 思ひ川
1回
1949年
井伏鱒二 本日休診

 

 

文学賞

Posted by 綾糸