完全解説!商品リンクプラグインRinker(リンカー)が超便利!設定と使い方

2019-04-04プラグインアフィリエイト

 - 2019/10 追記 -
AmazonPA-APIの利用ポリシー変更(2019年1月23日)、PA-API v5への移行(2019/12~)については、以下にまとめています。

 

 

Rinkerの特徴

Rinker」は無料のプラグインで、ワードプレスのエディタ内で商品検索からリンク作成までクリック数回で完了するので、圧倒的に時短できます。

挿入されるリンクも短いショートコードのみです。

itemlink post_id="〇〇"

デフォルトで見た目はこんな感じです。

5560_33

 

Yahooショッピングについては、「もしもアフィリエイト」経由より「バリューコマース」経由の方が報酬率が良いため、バリューコマースにも対応しています。

 

日々、進化しているプラグインですので、最新情報はリリース情報をご覧下さい。

Rinkerリリース情報

 

カエレバとの比較

Rinkerの方が優れている点

商品紹介ブログパーツでは「カエレバ」が有名で、使われている方も多いですが、商品リンクを貼る際はブラウザですべての情報を入力する仕組みでブラウザを行ったり来たりするのがちょっと面倒です。

その点「Rinker」なら超簡単で速いです。

最初にプラグインの設定だけしておけば、あとはいつでも記事を書きながらエディタ内のボタンからスイスイ、リンクを作れますし、作成したリンクも保存されていてワンクリックで再利用可能。

5560_27

 

更に「カエレバ」の商品リンクは長いコードになりますが、「Rinker」ならショートコードなので短いだけでなく、リンク枠のすぐ下から通常入力してもデザインが崩れるような事はありません。

リンクも自由設定可能。(Ver.1.4.10~ 4つ)

 

ASPリンク数

対応アフィリエイトは「カエレバ」の方が多いですが、Rinkerには自由ボタンが4つ設定可能なので最大7つのASPリンクが可能、フリーHTMLも記述できます。

「Rinker」の対応
  • Amazon
  • 楽天
  • Yahooショッピング
  • + 自由ボタン4つ
自由ボタンには 好きなリンクを設定可能なので、Amazon、楽天、Yahoo以外のショッピングサイトはもちろん、紹介商品の公式サイトや様々なリンクが可能です。

ボタン1と3は前に、2と4は後ろに表示されます。

 

「カエレバ」の対応
  • Yahooショッピング
  • Amazon
  • 楽天
  • セブンネットショッピング
  • 価格.com
  • ベルメゾンネット
  • セシール

カエレバの見た目 例(CSSカスタマイズ後)
5560_05

 

カエレバは定番ブログパーツなので、利用者が多く、カスタマイズサイトなども多い事や、テーマによっては「カエレバ」のデザイン編集が設定されているものもあります。

 

 

必要なもの

※Rinkerで対応できる「楽天」「Amazon」「Yahoo」のアカウントはすべてあった方が良いですが、「もしもアフィリエイト」と「バリューコマース」は必須ではありません。

それぞれの本家からも可能ですし、「もしもアフィリエイト」経由も可能です。

お勧めは
Amazon、楽天は「もしもアフィリエイト」経由
Yahooショッピングは「バリューコマース」経由
Amazonはダイレクト

 

 

「もしもアフィリエイト」「バリューコマース」利用の場合

もしもアフィリエイトにログイン(またはアカウント作成)し、楽天・Amazonと提携しておきましょう。

※確か、楽天は即時提携可能でしたが、Amazonは申請から数日かかります。

 

はじめて登録した場合は、「はじめての方」のリンクから、内容に従い最初にするサイト設定などを行います。

5560_41

 

更に下に進むと「STEP2」の項目に、Amazonと楽天市場がありますので、ここからそれぞれのページへ遷移し「提携申請」を行います。

5560_42

 

バリューコマースは登録がなくても、この設定の流れから作成~コード取得まで出来ますので、設定しながら必要な時に作成で大丈夫です。

 

ダウンロード・インストール

RinkerはBOOTHのサイトより(無料)ダウンロードします。
BOOTHを初めて利用する場合は、pixiv に登録する必要があります。

Rinker ダウンロードサイト

 上記URLから「無料ダウンロード」をクリックします。

5560_03

 

 pixiv IDがない場合は、作ってログインします。

5560_02

初めて登録した場合は、「pixiv IDを発行しました。IDの認証を行ってください」というメールが届きますので、内容に従って認証を行います。

5560_04

 

 認証が完了したら、再度ダウンロードページからダウンロードします。

 

 

プラグインのアップロード

ダウンロードしたファイルを圧縮形式のままアップロードします。

 「プラグイン」→「新規追加」を選択します。

5560_06

 プラグインのアップロードを押します。

5560_07

 

 「ファイルを選択」でダウンロードしたファイルを指定し、「今すぐインストール」

5560_08

 インストールが出来たら「有効化」します。

 

 

設定方法

 

基本設定

プラグインを有効化すると、「設定」メニューに「Rinker設定」が追加されます。

5560_09

 

5560_10

商品情報を再取得するかどうかの設定。「再取得しない」にすると価格が表示されません。「再取得する」にチェックが良いかと思いますがお好みで。

 

Amazonの設定

5560_11

 

Amazonアソシエイトにログインします。

 「ツール」から「Product Advertising API」を選択します。

5560_15

 

  Product Advertising APIの利用を始めるをクリックし、キーを生成します。

5560_16

生成されたキーは、作った時のみしか確認できませんのでダウンロードしておきます。

 

 このアクセスキーシークレットキーを入力します。

5560_17

 

Amazonは、トラッキングIDも設定します。

 

 右上のアカウントをクリックし「トラッキングIDの管理」を選択。

5560_18

5560_19

 このトラッキングIDをAmazonのトラッキングID欄に入力します。

5560_20

 

 

楽天の設定

 

楽天本家から利用する場合は、アフィリエイトIDも設定します。
「もしもアフィリエイト」経由の場合は不要です。

 

 楽天Developersにログインし、アフィリエイトIDを確認します。

5560_22

 

 アフィリエイトIDをコピーし以下のエリアに貼り付けます。

5560_12

 

 

Yahoo!の設定

Yahooショッピングについては、「バリューコマース」経由で設定します。

 バリューコマースにログイン(なければ作成)します。
 広告管理ツール→LinkSwitch→LinkSwitch設定

5560_23

 

5560_24

 

 上記のコードを以下に貼り付けます。

 

5560_13

 

 

もしもアフィリエイトの設定

もしもアフィリエイトにログインし、提携中プロモーションページへ。

 

 ソースコード内の「a_id=XXXXXXX」の数字部分が 楽天IDになります。

5560_26

 

Amazonについては、2019年より「もしも経由」を外した方がよさそうですので、以下の設定は個人の判断でお願いします。

Amazonの「広告リンク取得」ボタンを押します。

 ソースコード内の「a_id=XXXXXXX」の数字部分が Amazon ID になります。

5560_25

 それぞれのIDを入力します。

 

2019/1/23以降の変更追記
もしもリンク優先ショップからAmazonを外した方が、PA-API利用停止になりにくいとの事で、もしも経由は「楽天のみ」がいいかもしれません。

 

5560_50

 

もしもリンク優先ショップ
楽天市場 にチェック
※Amazon はPA-API利用ポリシー変更により、ダイレクト推奨
※Yahoo はバリューコマース経由なのでチェックしません

 

最後に「Google Analytics トラッキング」にチェックを入れておくと、アナリティクスでクリック数やクリックされた記事などが見られます。

アナリティクスの見方は、「行動」→「イベント」→「ページ」です。

5560_35

 

 

使い方

 

 エディタから「商品リンク追加」ボタンを押します。

5560_27

 

 Amazonか楽天のタブを選び、キーワードを入れて検索ボタンを押します。

5560_28

 検索結果からリンクを貼りたい商品の「商品リンクを追加」ボタンを押します。

5560_29

 

ver1.4.6からkindle機能が追加され、Amazonのカテゴリーが選択出来るようになりました。

5560_43

 

 

 エディタにショートコードが挿入され、リンク完了です。

5560_30

 プレビュー画面で見ると、以下の通り
5560_33

 

 

商品リンクの文字列を変更する

商品名が長すぎる場合や、タイトルの編集を行いたい場合は、

商品リンク追加ボタンから「登録済み商品リンクから検索」タブを選択し、対象の商品の「リンク編集」ボタンを押します。

5560_37

 

記事と同様の画面が開きますので、タイトルに当たる部分を編集し、記事同様「更新」ボタンを押します。

5560_38

 

これでタイトルが編集され、リンクを挿入すると変更されています。

5560_39

※タイトル編集した画面は、「更新」ボタンを押した後、閉じて大丈夫です。

 

商品リンクの編集

商品リンクから「編集」で個別に編集が可能です。

 

ここから記事と同じように「編集」が開け、リンク文字列の変更をはじめ、キーワード追加や様々な細かい設定も可能です。

編集またはクイック編集から、タイトル変更、カテゴリーの設定も簡単に行えます。

 

楽天・Amazon・Yahooボタンを外す

初期ボタンの3つ(のどれか)を表示したくない場合も、商品リンク編集から可能です。

1.Amazon(Kindle)または楽天のどちらか検索した方の商品詳細URLが入っていますので、表示したくない方にアドレスが入っていれば削除します。

2.表示したくないボタンのURLを削除します。

 

Amazon、楽天を削除した表示例

 

自由ボタンの使い方

自由ボタンやフリーHTMLは、必須ではなく必要であれば追加できる機能です。

 

商品リンク設定の項目に自由ボタン1~4があり、それぞれにボタンの名前とURLを入れる事で表示されます。

※ボタン名のみ入力し、URL未入力だと表示されません。

 

表示される位置やボタンのカラーは以下の通りです。

 

 

自由ボタンの色も簡単なCSSで変更可能です。この記事のカスタマイズの項にサンプルCSSを記述しています。

 

ブランド名・フリーHTMLの使い方

ブランド名やフリーHTMLも自由に追加できます。

 

 

表示される位置は以下の通りです。

 

 

商品リンクの管理

メニューの「商品リンク」から管理できます。

5560_44

作成済みリンクの管理

  • 表示数
  • ショートコード
  • 利用記事

5560_45

 

以下はクイック編集時の画面

5560_47

 

 

商品リンクカテゴリー

通常のカテゴリーのように編集できます。

5560_46

 

 カテゴリーのショートコードで同一カテゴリーの一覧表示が可能です。

5560_49

表示例 ↓

5560_48

 

カスタマイズ

リンクボタンの文字を変更する

以下のパラメータに自由に文字列を指定し、ショートコードに追加する事でリンクボタンの文字列を変更できます。

Amazon - alabel
楽天市場 - rlabel
Yahooショッピング - ylabel

 

【例】

[itemlink post_id=”○○○”]

 

 PCでの見え方

5560_34

 スマホでの見え方

5560_36

 

ボタンの色やデザインを編集する

ボタンの色、タイトルの文字サイズなどCSSで自在にカスタマイズも可能です。

商品リンクのHTMLは、ざっと以下のようになっています。

<div class="yyi-rinker-contents>
<div class="yyi-rinker-box">
<div class="yyi-rinker-image">
画像
<div class="yyi-rinker-info"></div>
<div class="yyi-rinker-title"><p>タイトル</p></div>
<div class="yyi-rinker-detail">
<div class="credit">Rinker</div>
<div class="price-box"></div>
<ul class="yyi-rinker-links">
<li class="freelink1"></li>/*自由ボタン1~4は使っている場合のみ*/
<li class="freelink2"></li>
<li class="amazonlink"></li>
<li class="rakutenlink"></li>
<li class="yahoolink"></li>
<li class="freelink3"></li>
<li class="freelink4"></li>
</ul>
</div>
</div>
</div>

 

上記から、それぞれのクラスを使ってCSSでデザインをカスタマイズ出来ます。

全体 - yyi-rinker-contents
枠 - yyi-rinker-box
商品画像 - yyi-rinker-image
商品タイトル - yyi-rinker-title
商品詳細 - yyi-rinker-detail
リンクボタン - yyi-rinker-links
Amazonリンク - amazonlink
楽天リンク - rakutenlink
Yahooリンク - yahoolink
自由ボタン1 - freelink1
自由ボタン2 - freelink2
自由ボタン3 - freelink3
自由ボタン4 - freelink4

 

【例】タイトル編集

.yyi-rinker-title a {/*商品タイトル*/
font-size: 16px;/*文字サイズ*/
font-weight: bold;/*文字を太字*/
}

【例】ボックス枠編集

div.yyi-rinker-contents {/*商品リンク*/
background-color: #ffffff;/*全体の背景色*/
box-shadow: 0 2px 5px rgba(0, 0, 0, .13);/*影*/
}

【例】リンクボタンを各ショップテーマカラーにする

div.yyi-rinker-contents ul.yyi-rinker-links li.amazonlink {/*Amazonボタン*/
background: #ff9900;
}
div.yyi-rinker-contents ul.yyi-rinker-links li.rakutenlink {/*楽天ボタン*/
background: #bf0000;
}
div.yyi-rinker-contents ul.yyi-rinker-links li.yahoolink a{/*Yahoo!ボタン*/
background: #410093;
}

上記2つ(枠とボタン色)のカスタマイズでの見た目

5560_40

 

自由ボタンの色を変える

自由ボタン1~4のクラス名は以下ですので、色を変更したいボタンのクラスで記述して下さい。

自由ボタン1 - freelink1
自由ボタン2 - freelink2
自由ボタン3 - freelink3
自由ボタン4 - freelink4

例:ボタン1のカラーを黒にした場合

div.yyi-rinker-contents ul.yyi-rinker-links li.freelink1 {/*自由ボタン1*/
background: #000000;}

 

デフォルトの色は以下

 

色変更の場合は以下もご利用下さい。

マカロンビビッドパステル和色セーフ色名 

 

 

アップデート

Rinkerのアップデートは、リリースされるとワードプレスのプラグインに更新情報が出ますので、そちらから簡単に更新可能です。

 

Rinker クレジットを消したい場合は、note支援、スポンサー、fannboxサポーターになる事で可能です。
詳細は こちら

 

以上です。