全記事閲覧数を把握・人気記事一覧表示WP-PostViewsの使い方

2019-03-07プラグイン

 

自サイト内のアクセス解析は、何かのツールやアナリティクス、サーチコンソールでもしている方が多いですが、簡単に「どの記事が一番読まれているのか」を見られるプラグインのご紹介です。

 

記事一覧の画面でも表示されるのがとてもわかりやすくて便利です。

 

サイドバーにウィジェットで人気記事一覧の表示も可能です。

 

注意点

 

WP-PostViewsプラグインには、閲覧数をリセット(削除)する機能はなく、プラグインを有効化した瞬間から、稼働中のすべての閲覧数のカウントになります。

※何かのタイミングでリセットしたい場合には、プラグインを再インストールする事で可能です。

欲を言えば、好きなタイミングで記事を個別にリセットしたりできるととてもいいですね。

※記事複製プラグイン「Duplicate Post」を使って記事をコピーすると、閲覧数もコピーされてしまう欠点あり

 

インストール

WP-PostViews

 プラグイン名は、以下にカーソルを載せ右に出る「Copy」を押すことでコピー出来ます。
WP-PostViews

 

「プラグイン」→「新規追加」からインストールし、有効化します。

 

 

初期設定

 

インストール、有効化すると「設定」メニューに「PostViews」が追加されます。

 

カウント対象設定

デフォルトで大丈夫です。カウントに自分も含める場合は、閲覧元を「すべて」に変更します。

 

ウィジェット用テンプレート設定

デフォルトで大丈夫ですが、お好みに応じて編集して下さい。

 

デフォルト

<li><a href="%POST_URL%" title="%POST_TITLE%">%POST_TITLE%</a> – %VIEW_COUNT% ビュー</li>

<li><a href="%POST_URL%" title="%POST_TITLE%">%POST_TITLE%</a> - %VIEW_COUNT% ビュー</li>
例えば数を出さない場合

<li><a href="%POST_URL%" title="%POST_TITLE%">%POST_TITLE%</a></li>

<li><a href="%POST_URL%" title="%POST_TITLE%">%POST_TITLE%</a></li>

カウントするページ

デフォルトで大丈夫ですが、お好みに応じて編集して下さい。

 

サイトに人気記事として表示する

プラグイン独自のウィジェットで可能です。

ウィジェット追加

 

「外観」→「ウィジェット」から「表示数」を選択し、表示したいエリアに追加します。

 

 

タイトル・統計タイプ

全ての記事から閲覧回数が多いものを選択する場合は「人気記事」、「POPULAR」など

カテゴリを限定して表示する事も可能ですので、その際は「カテゴリー名」など

 

表示件数・タイトル文字数

投稿タイトルの最大文字数にある「0で無効にします」の意味はちょっと不明でした。

200でも0でも同じ結果になりました。

投稿タイトルの最大文字数(デフォルト200)表示例

投稿タイトル15文字での表示例

 

カテゴリー指定

カテゴリー単位に1つ、または複数での表示も可能です。

カテゴリーIDは、それぞれのカテゴリーごとに振られたユニークIDで数字の部分になります。各カテゴリーで確認します。

カテゴリーの「編集」にカーソルを載せると

ブラウザの下にリンク先アドレスが出ます。

 

または「編集」画面で、ブラウザアドレスにも出ます。

 

投稿一覧画面

 

最初にも書きましたが、投稿一覧画面で各記事ごとの閲覧数が表示されます。

この「表示数」の所を押す事で昇順・降順に並び替えも可能です。

 

以上です!便利なプラグインです。

  • WordPressランキング
  • にほんブログ村 IT技術ブログ Webサイト構築へ