>> テーマ変更に伴い見づらい箇所や不具合があるかもしれません、ご迷惑をおかけします。→
PR

WordPressは最新バージョンで使おう!アップグレード方法と注意点

WordPress WordPress・使い方
この記事は約2分で読めます。
     

セキュリティ対策も日々なされているため、ワードプレスのバージョンは最新版で利用するのがベストです。

バージョンアップによって利用中のテーマやプラグインが未対応で、不具合が起こる可能性もゼロではないので、自己責任において、調べてから行って下さい。


 

自動更新設定方法

ダッシュボードの「更新」から設定可能です。

以下をクリックすると有効になります。

自動更新設定

設定後の画面

自動更新設定

自動更新解除は、上記を再度クリック

 

アップグレード方法

新しいバージョンがリリースされると、ダッシュボードの「更新」に表示されます。

ワードプレスアップグレード

 

こちらから、日本語バージョン(jaが付いている)を確認して「今すぐ更新」ボタンを押せば、通常は数秒で完了します。

Ver.5.3.2~以下のような画面に変わりました。

WP5.3.2

 

準備

準備というほどではありませんが、念のために今現在、問題なく動いている環境でのワードプレスのバージョンをメモしておきます。

万が一、何か不具合があった際、そのバージョンまでダウングレードする事で元に戻せます。

 

注意事項

最初にも書きましたが、ワードプレスのバージョンアップによって、利用しているプラグインが使えなくなったり、テーマに不具合が出る可能性もゼロではありませんが、

基本、ワードプレスは最新版で!
それに対応していないテーマやプラグインをやめる事を検討

プラグインやテーマに重きを置いて、ワードプレスをアップグレードできないのは本末転倒です。

但し、更新できる状態になっていても、慌ててすぐにしなくても大丈夫。

数日待って、何か不具合の情報がないか調べたり確認してからアップグレード

 

万一、不具合が起こったら

ワードプレスのバージョンを元に戻す事も可能です。

詳細は以下をご覧ください。

WordPressのバージョンをダウングレードする方法
ワードプレスのダウングレードはとても簡単に出来ます。 手順は、ダウングレードしたいバージョンのワードプレスを入手し、ファイルをFTPで上書きするだけですが、注意点もあります。 「今、アップグレードしたけどちょっと不具合があるからひとつ戻した...

コメント

タイトルとURLをコピーしました