WordPressでトップページを固定ページにする・投稿一覧ページも作成

WordPress・使い方

はじめに

WordPressでは、フロントページを、投稿記事一覧のリスト型か固定ページでデザインするかを選択できます。

※通常、初期値では記事一覧が表示されます。

サイトのトップページとして固定のページを作成する方法と、固定ページにすると新着記事一覧のページが表示されなくなるので、それを作成する方法についてです。

 

フロントページ設定

固定ページ作成1

まずは、トップページに表示したい固定ページを作成します。

 

ダッシュボードメニューから「固定ページ」→「新規追加」

固定ページを作成

 

タイトルパーマリンクを編集します。

パーマリンク(URL)は、通常のページであればブラウザに表示されますが、トップページに設定する固定ページの場合は、サイトのHomeとなるので、以下のようにドメインのみとなり、表示されませんが、

https://ayaito.net/

管理上、わかりやすい名前(top など)をつけておきます。

テーマによってはトップページに設定した固定ページのタイトルが出てしまう場合がありますが、設定などから回避できない場合、固定ページのタイトルは設定しなくても保存可能です。

ルクセリタスの場合
「外観」→「カスタマイズ」→「全体レイアウト」で一番下に「固定フロントページの記事タイトル表示」という項目があるので、ここのチェックを外せばOKです。

 

ブロックエディタのサンプル画面

固定ページを作成

クラシックエディタのサンプル画面

固定ページを作成

 

あとは好きなように内容を編集し、公開保存します。

 

固定ページ作成2

フロントページを固定ページに設定すると、新着記事一覧のリスト型ページは表示されなくなりますが、投稿一覧ページを作る事が出来ます。

リンクを貼るなどして呼び出すことが可能になる為、作成しておくと後々、使えます。

投稿一覧用の固定ページを作成します。

先ほどと同様に固定ページを新規で作成し、タイトルとパーマリンクを編集し、内容は何も記載せず公開保存します。

パーマリンク例:post_list 、 new_list など

投稿一覧ページ作成

 

ホームページの表示設定

ダッシュボードメニューの「設定」→「表示設定」

表示設定

 

「ホームページの表示」を「固定ページ」にし、作成したページを選択

ホームページ設定

固定ページにタイトルをつけなかった場合は、上図のように#ID(タイトルなし)と表示されるので、そちらを選択して下さい。

 

続いて投稿一覧ページも選択し、1ページに表示する投稿数を設定

 

ホームページ設定

 

ちなみに、ホームページ設定を「最新の投稿」にし、リスト型の新着記事一覧にしている場合は、投稿一覧は作成できません。

ホームページ設定

 

この設定を行うと、投稿一覧は、作成したページのアドレスで見られるようになっています。

固定ページの記事一覧から「投稿一覧」として作成したページを表示すると、表示結果とアドレスを確認できます。

 

投稿一覧のリンクを貼る

トップページ用の固定ぺージ内や、サイドバーウィジェットなど、好きなところにカスタムリンクを貼る事で、投稿一覧ページを表示する事が出来ます。

 

固定ページ内に投稿一覧を表示したい場合

テーマによっては可能です。

特にCocoonでは、記事一覧をトップページにしながら、トップページ用のデザインを自在にできる機能があります。

Cocoonでのトップページレイアウトは以下も参考にして下さい。

 

Cocoonの兄弟(姉妹?)テーマであるSimplicityや、当サイトでも利用しているルクセリタスには「新着記事」を表示するオリジナルウィジェットがあるので、それを利用するとPHP編集などを行う必要なく表示できます。

但し、ウィジェットは通常、記事内に挿入する事はできませんので、ウィジェットをショートコード化してどこにでも貼り付けられるプラグインを利用します。

このプラグインを使えば、新着記事ウィジェットのあるテーマであれば、トップページ(固定)内、どこにでも新着記事一覧を表示可能です。

 

 

関連記事

WordPress・使い方

Posted by 綾糸