WordPressデータベースのバックアップと復元方法

WordPress・使い方

WordPressは手作業で作成したサイトと違って、PHPファイルなどの他に「データベース」を利用しています。

サーバーの引越しや、万一の為に備えて、「データベースのバックアップ」作業は必要。

各レンタルサーバー会社の管理画面から「phpadmin」にログインしてバックアップ、復元を行う方法について、エックスサーバーを例に解説します。

 

データベース

バックアップ方法

必要な情報

  • 対象のデータベース名(MySQL)
  • ユーザー名
  • パスワード

データベース情報

 

サーバーの管理画面から「phpadmin」にログイン

サーバーパネル内にあるメニューから

phpadmin

 

対象データベースのID・パスでログイン

phpadmin

 

対象のデータベースを選択

phpadmin

エクスポート

phpadmin

 

データベース名.sql というファイルがダウンロードされます。

 

復元方法

バックアップを取ってなんらかの作業を行った後、問題がなければ復元作業はもちろん不要です。

不具合があった際に、戻す方法も簡単に行えます。

 

サーバーの管理画面から「phpadmin」にログイン

サーバーパネル内にあるメニューから

phpadmin

 

対象データベースのID・パスでログイン

phpadmin

 

対象のデータベースを選択

phpadmin

 

インポートタブを選択

データベースのインポート

 

エクスポートしたデータベース名.sqlを選択し「実行」

 

ファイルのバックアップ

FTPクライアントを使い、移行元(旧)サーバーからWordPressの関連ファイルをすべてダウンロードします。

ワードプレスのファイル構成

以下のようになっており、テーマ、プラグイン、画像、データなどは「wp-content」ディレクトリにあります。これらをすべてダウンロード

FTP設定や操作方法について不明な方は以下を参考にして下さい。

 

 

関連記事

WordPress・使い方

Posted by 綾糸