相互リンク詳細へ

WordPressプラグインをダウングレードする方法

プラグイン

WordPressプラグインをダウングレードする方法

プラグイン更新したらエラーが!元のバージョンに戻したい

プラグインは新しいバージョンがリリースされると、更新可能になりメッセージが表示されます。

 

便利な機能追加があったり、不具合修正があったりするので、最新の状態で利用したいですが、最新版に重大なバグがあったり、利用しているテーマや他のプラグインとの相性が悪くなりエラーが発生してしまう可能性もあります。

 

更新する前の注意

最新版が出たからといっても慌てて更新するのではなく、しばらく時間を置いて不具合情報などがないか、少し様子を見てから更新する。

 

ワードプレス管理画面にログインする事すら出来ない

というような重大なエラーでない限りは、ダウングレードする事も可能です。

 

更新する前に、今、正常に動いているバージョンを確認しておく。

バージョンはプラグインの説明の所で確認できます。

 

 

プラグインをダウングレードする

プラグインを更新する際には、上記が大前提ですが、サクっと何も考えずに更新を押したら不具合が出て、ダウングレードしたい場合の方法についてです。

 

プラグインページを開く

まず、不具合が出たプラグインのページを開きます。

※以下、「Contact Form7」での例で解説。

 

方法1

プラグインの管理画面から対象プラグインの「詳細を表示」をクリック。

 

 

「プラグインページ」のリンクをクリック。

 

 方法2

ワードプレスの画面から対象プラグインを検索する

 

上記いずれかの方法で、ダウングレードしたいプラグインのダウンロードページを開きます。

 

 

最新版ダウンロードURLをコピー

今回のプラグインの例では、Contact Form7 のサイトの「ダウンロード」ボタンが最新バージョンですので、

 ボタンを右クリックし「リンクアドレスをコピー」を選択

6652_20

 

https://downloads.wordpress.org/plugin/contact-form-7.5.1.4.zip

上記のようにクリップボードにコピーされます。

 

アドレスを変更する

コピーしたアドレスをブラウザのアドレスバーに貼り付け、バージョンの部分の数字をダウングレードしたいバージョンに変更します。

例:7.5.0.4 にする場合

https://downloads.wordpress.org/plugin/contact-form-7.5.0.4.zip

 

ブラウザのアドレスに編集したアドレスを貼り付けたら「エンター」を押せばダウンロード出来ます。

 

 

現プラグインの削除

現在、不具合がある最新版のプラグインを削除しますが、

削除して古いバージョンを入れなおすので、プラグインで行った設定はすべてリセットされます。

設定内容をメモするなどしてから削除します。

 

旧プラグインのアップロード

プラグインの新規追加でダウンロードした古いバージョンのプラグインを追加し、有効化すればOKです。

6652_21

 

以上です。