WordPressで何度も使う文章などを共有テンプレートで部品化し記事に挿入する

プラグイン

WordPressで何度も使う文章などを共有テンプレートで部品化し記事に挿入する

記事を書いていて、同じ内容のものを複数の記事で使う場合、何度も書いたり、そのたびにコピペするのは面倒なので、部品化してサブルーチンのように使えると便利ですし時間が短縮できます。

 

 

上図のように、部品としても利用でき、全体のテンプレートとしても使える「TinyMCE Templates」というプラグインを使えば、簡単に実現可能です。

 

メリット

  • テンプレート部品として管理でき、記事に簡単に挿入可能
  • 「テンプレート」と「ショートコード」の2種類作成可能
  • ショートコードの場合、修正したい時には、そのテンプレートのみ編集すれば利用しているすべての記事に反映される

 

では早速

プラグインをインストール

プラグイン名:TinyMCE Templates

↓ クリックすると「Copyボタン」が出ます。

TinyMCE Templates

 

プラグインの新規追加から検索し、インストール→有効化すると管理メニューに「テンプレート」が追加されます。

 

作成方法

2種類の保存方法

テンプレートは、文字通り「テンプレート」として保存するか「ショートコード」として保存するかが選択出来ます。

テンプレートとして保存した場合

記事レイアウトなど共通のテンプレートとして利用したいような場合に便利。

記事内で自由に編集が可能で、テンプレート挿入した内容を記事内で編集してもテンプレート自体に影響なし。

 

ショートコードとして保存した場合

複数記事内に同じ内容の部品として埋め込む場合に便利。

記事内ではショートコードなので編集不可。部品としてテンプレートから編集するとそれを利用しているすべての記事に反映されるので、修正などがあった場合の管理が楽。

 

 

テンプレートを作る

メニューのテンプレートから「新規追加」

 

通常の記事同様、ビジュアルエディタとテキストエディタで編集可能な画面が開きますので、タイトル・内容を記述します。

 

 

 内容を記述したら「公開」ボタンを押します。

 

以下のように、テンプレートとして保存されます。

 

 

ショートコードで作る

上記同様に編集し、作成した内容を保存する際に編集画面の右側メニューにある「ショートコードとして挿入」の「はい」にチェックを入れるだけです。

 

 

 

コピーも簡単に可能

作成したテンプレートは、新規テンプレートとして複製を作る事も簡単に可能です。

 

 

 

記事での利用方法

プラグインを入れると記事編集画面に「テンプレート挿入」ボタンが出ますので、それを押します。

 

作成済みのテンプレートが表示され、プルダウンで選択が可能です。

選択中のテンプレートがプレビュー表示されています。

 

「テンプレートを挿入」ボタンを押すと、そのままの内容が記事に挿入されます。

 

 

選択したテンプレートがショートコードで保存されている場合

 

このテンプレートはショートコードとして挿入されます」とメッセージが出ます。

 

テンプレートを挿入ボタンを押すと以下のようなショートコードが挿入されます。

[template id="XXXX"]

 

以上です!