初心者向け!Googleアナリティクスの新規設定解説

2019-01-15各種設定Google

 

Google Analyticsとは

Googleが提供するWebページのアクセス解析サービスで、無料ながら高機能で、サイト運営には欠かせないツールと言えます。

(※有料版もありますが、無料版で問題なし)

取得できる主な情報は以下です。

【訪問者情報】

  • 訪問者数
  • 性別、年齢、地域、国
  • 閲覧ページ数
  • 滞在時間・訪問回数・訪問頻度
  • サイト内移動経路
  • 検索キーワード
  • 来訪前経由サイト
  • 最初に開いたページと最後に開いたページ
  • 使用PC等の画面解像度、ブラウザ、回線、プロバイダ など

 

検索キーワードなどから、訪問者の興味や関心を知れますし、

お気に入りやダイレクトか、検索でたどり着いたのか、リンクからかなどの情報や、どういうページを辿り、どのページで離脱したかなどの詳細もわかります。

さくさくとサイト内を移動してもらえるようなページ作りの為には大いに参考になる資料となります。

 

Googleアカウント作成

既にアカウントをお持ちの場合は、次の項へお進みください。

 

GmailやYoutubeなどのサービスにログインした事がなく、Googleのサービスを利用した事がなければ、アカウントを作成します。

アカウントがあるかどうかわからない場合は、こちらでメールアドレスを入力すれば確認できます。

Google アカウント作成はこちら

 

 姓名、メールアドレス、パスワードを入力し「次へ」を押します。
 メールアドレスはGmailではない既存のものでも、ここでGmailアカウントを作ってもOKです。

 入力したメールアドレスにコードが届きますのでそれを入力

 生年月日、性別を入れて「次へ」ボタンを押します。

 

 次の画面で利用規約に「同意する」ボタンを押すと
「Googleマーケティングプラットフォーム」の画面になります。

 

 

Google Analyticsへログイン

アカウントから作成した場合は、上記「プラットフォーム」から「アナリティクス」の「設定」ボタンを押します。

 

Googleアカウントをお持ちの場合は、以下からログインします。

Google Analyticsへログイン

 Googleアナリティクスの使用を開始「登録」を押します。

 

 アカウント名、ウェブサイト名、アドレスを入力し、業種・タイムゾーンを選択します。

 

 

データ共有設定は、デフォルトですべてにチェックが入っていますが、そのままで良いかと思います。共有したくないものがあれば外してください。

 「トラッキングIDを取得」ボタンを押します。

 

 

トラッキングコードの設定

 上記の「利用規約」に同意すると以下の画面が出ます。

 

 

トラッキングIDは、UA-で始まる数字の部分ですのでコピーしておきましょう。

更にサイトタグが表示されていますので、これをコピーしてトラッキングするすべてのウェブページの <HEAD> 内の最初の要素として貼り付けます。

※この方法については、WordPressでお使いのテーマにより異なります。

テーマ内項目で設定

トラッキングコードを設定する箇所があるテーマならコードだけ入れれば完了。

例)テーマ Cocoonの設定画面

例えば、このCocoonの場合、アナリティクス以外にも、Google Serch Consoleや、タグマネージャー、AMPの設定もここで簡単に行えます。

このように多機能なテーマがありますので、テーマによって設定箇所の確認が必要です。

 

設定項目がない場合

 「外観」→「テーマの編集」

 

 header.phpを選択し、</head>タグの上にコードごと埋め込みます。

以上でアナリティクスの利用開始です★