相互リンク詳細へ

初心者向け!Google Serch Consoleの新規設定とアナリティクス連携

2019-01-15各種設定Google

 

Google Serch Consoleとは

Googleが提供するGoogle 検索結果でのサイトパフォーマンスを監視、管理できる無料ツールです。

 

Googleアナリティクスもサイト運営に欠かせない無料のアクセス解析ツールですが、Google Serch Consoleでは、サイトの検索トラフィックや掲載順位を測定出来たり、問題を改善しGoogle 検索結果でのサイトの注目度を高めることができます。

 

取得、管理できる主な情報は以下です。

  • Googleからのアラートメッセージの閲覧・管理
  • 構造化データの確認
  • HTMLの改善
  • サイトリンクの変更
  • リンク元・リンク先のチェック
  • 内部リンクのチェック
  • モバイルユーザビリティの確認
  • インデックスステータスの確認
  • ブロックされたリソースの確認
  • クロールエラーのチェック
  • クロールの統計情報の確認
  • XMLサイトマップ送信後のインデックス確認
  • AMP  など

 

Googleアカウント作成

既にアカウントをお持ちの場合は、次の項へお進みください。

 

GmailやYoutubeなどのサービスにログインした事がなく、Googleのサービスを利用した事がなければ、アカウントを作成します。

アカウントがあるかどうかわからない場合は、こちらでメールアドレスを入力すれば確認できます。

Google アカウント作成はこちら

詳細は以下の冒頭で説明していますので参考にして下さい。

 

Google Serch Consoleを開始

Googleアカウントにログインします。

Google Serch Console

2019年3月から新機能が実装されました。URL単位ではなく、ドメインで設定できるようになっていますので、このページでの説明は古く、画面が違っている場合があります。
詳細は以下をご覧ください。

 

 サイトアドレスを入力し「プロパティ追加」を押します。

 サイトの所有権(管理者)であるか確認が行われます。

 画面下の方にある「その他の確認方法」から「HTMLタグ」を選択します。

タグの埋め込み

 

 メタタグをコピーして、サイトのホームページにある <head> セクション内の、最初の <body> セクションの前に貼り付けます。

 

※この方法については、WordPressでお使いのテーマにより異なります。

テーマ内項目で設定

Google Serch Consoleの設定する箇所があるテーマならコードだけ入れれば完了。

この場合の情報はメタタグ内の ”ダブルコーテーション内” のコードです。

例)テーマ Cocoonの設定画面

例えば、このCocoonの場合、Google Serch Console以外にも、アナリティクスや、タグマネージャー、AMPの設定もここで簡単に行えます。

このように多機能なテーマがありますので、テーマによって設定箇所の確認が必要です。

 

設定項目がない場合

 「外観」→「テーマの編集」

 

 header.phpを選択し、</head>タグの上にメタタグごと埋め込みます。

 

 

 埋め込みが完了したら、先ほどのGoogle Serch Console画面で「確認」を押します。

 以下のように表示され、所有権の確認が完了します。

開始時はデータがありませんが、しばらく(数日)するとみる事が出来ます。

 

Googleアナリティクスと連携する

Google Serch Consoleは設定したばかりでデータはまだありませんが、アナリティクスと連携しておきます。

Google アナリティクス

Googleアカウントでアナリティクスを開き

 左下にある「管理」から「プロパティ設定」を開きます。

 

下の方にスクロールすると 「Serch Console」の設定項目があるので

 「Serch Consoleを調整」をクリックします。

 「追加」を押します。

同じGoogleアカウントでSerch Consoleに作ったサイトアドレスが出てきますので、

 チェックし「保存」を押します。

 関連付けの追加 で「OK」を押します。

 

数日後、Serch Consoleにデータが出来ると、アナリティクスのメニュー

「集客」の中に「Serch Console」が追加されます。

 

 ここから、検索クエリやランディングページを見る事が出来ます。