>> 2024/1/25 サイトリニューアルにつき、見づらい箇所や不具合があるかもしれません、ご迷惑をおかけします。→

高機能な無料テーマLuxelitasとCocoonの比較-2024年

WordPress・テーマ
この記事は約8分で読めます。

WordPressの無料テーマの中で、1,2を争う高速&高機能な2つのテーマ「Luxeritas」と「Cocoon」。

どちらも本当に素晴らしいテーマで、そんじょそこらの有料テーマよりも高機能です。

先に結論を簡単に
どちらもとても高速ですが、特にルクセリタスは本当に速いです。私は個人ブログですし、この1点だけでルクセリタスを選びましたが、
初心者の方やWordPressに慣れていない場合や、企業、本格的なアフィリエイトなどでの利用にはCocoonをお勧めします。(マニュアルやサポートフォーラムあり)

 

この2つのテーマの比較をまとめてみます。


ダウンロードは以下の公式サイトから

Luxelitas 製作者は「るな」さん。

ダウンロード | Luxeritas Theme
・本体 ・子テーマ(設計仕様上ほぼ必須) ※ 既存ユーザーが子テーマをバージョンアップする必要はありません。バージョンアップする意味がありません。 All in One SEO ...

 

Cocoon 製作者は「わいひら」さん。

テーマのダウンロード
Wordpressテーマ「Cocoon」の親テーマと子テーマのダウンロードページです。

 


 

2022/9/7 追記

Cocoonはエックスサーバーに事業譲渡・業務提携。
「Cocoon」と「エックスサーバー株式会社」は業務提携させていただきました

 

機能比較一覧

以下の一覧表が全機能ではありません。

機能があれば「〇」。特に優れていれば「」を付けています。

機能LuxelitasCocoon
SEO対応
AMP対応×
AMPの有効無効・記事単位
AMPの有効無効・カテゴリー単位×
PWA対応×
SNS連携・OGP設定
ブログカード
サイトマップ自動生成
目次自動生成
QRコード自動生成
ブロックエディタ無効化
独自ブロック機能
文字・ボタン装飾スタイル
デザイン選択機能
デザイン(スキン)作成機能
高速化機能・画像遅延
アイコンフォント対応
定型文機能
ショートコード機能
吹き出し機能
カスタムフィールド
カテゴリーラベルの色訳
カテゴリー・タグにも追加情報設定
(アイキャッチ・本文・キーワードなど)
プロフィール表示を好きな場所に挿入
(記事下に「この記事を書いた人」など)
テンプレート機能
子テーマ編集画面
カルーセルスライダー
その他のアピールエリア
人気記事表示機能
404ページ
画像認証機能
コードのハイライト表示
カスタマイズのバックアップ・復元
独自ウィジェット919
記事一覧管理画面充実
(アイキャッチ・文字数・記事ID表示)
記事タイトルの文字数表示
管理者バー
アクセス集計機能
Googleアナリティクス対応
サーチコンソール対応
広告エリア
CTAボックス
API機能(Amazonなど)
アフィリエイト機能
商品ランキングページ作成機能
著作権表示削除×表示なし

著作権表示について

Cocoonには、初めから著作権情報の表示などはありません。

「Luxeritas」の著作権表示(提供元情報)の削除は有料プラグインで可能です。

Luxeritas クレジット削除プラグイン (¥5,230)

削除しなくてもページの最下部にひっそり出ているだけなので個人ブログなどでは問題なし。

ルクセリタス提供元情報

 

更新頻度

ルクセリタスは頻繁に改訂され、新機能がどんどんと追加されていましたが、2023年頃からは、ほぼWordPressのバージョンアップへの対応などで、年に数回。

Cocoonの方もWordPressの新バージョンなどには即対応して下さいますし、新しいデザインのテーマファイルがよく追加されますが、機能的な更新は少な目の安定版。

Cocoonは2022年9月に「エックスサーバー株式会社」に事業譲渡されました。今後も開発は製作者である「わいひらさん」が継続する業務提携もされたとの事で、益々、安定と今後の対応にも不安がないテーマとなりました。

 

利用ユーザー数

圧倒的にCocoonユーザーが多いと思います。ネットではCocoonの情報は膨大に見つかります。

 

プラグインについて

どちらのテーマも高機能なので、一般的なテーマに比べて

プラグインの数がとても少なくて済みます。

 

但し、ルクセリタスには意識する事なく自動で導入されますが、AMP化する為の必須プラグインがあります。(AMP for Luxeritas WordPress Theme (MU))

やりたい事や運用によりますが、当サイトの場合はルクセリタスの方が多くのプラグインを利用しています。

参考

当サイトでのルクセリタスサイト:プラグイン11個

当サイトでのCocoonサイト:プラグイン6個

 

特定ページでしか使わないプラグインを制御できる「plugin load filter」というプラグインもあり、ルクセリタスサイト(当サイト)では、それも利用しています。

必要なページ・必要な環境でのみプラグインをロードする-Plugin Load Filter
プラグインは1つロードするだけでも膨大な関数をコールし、サイトの重さの原因になります。なるべくプラグインは少なくする事が重要ですし、停止中のものも大量のオブジェクトが登録されメモリを消費するので、使わないものは停止するだけではなく削除した方...

 

投稿一覧画面比較

Cocoonの管理画面は特徴的で、とても使いやすいので個別に紹介します。

通常(ルクセリタス含む)の表示オプション

投稿一覧:表示オプション

 

Cocoonの表示オプション

投稿一覧:表示オプション

Cocoonで追加表示できるもの

  • 記事ID
  • 文字数(タイトル文字数・記事本文文字数)
  • PV数(日・週・月・全)
  • アイキャッチ

記事IDは調べなくてもわかりますし、記事のタイトル文字数、本文文字数も一目瞭然。

Ver.3.8.1.1~はPV数も表示されるようになり、どの記事が読まれているかを把握しやすくとても便利です。

投稿一覧:表示オプション

 

余談:Cocoon以外で実現する方法

PV数カウントはプラグインで、記事ID、サムネイル、文字数はfuction.phpのカスタマイズで可能ですが、Cocoonではどちらも標準装備なので不要。

ちなみにルクセリタスでは以下のようにカスタマイズしています。

投稿一覧:表示オプション

表示数(赤枠)はプラグイン「WP-PostViews

全記事閲覧数を把握・人気記事一覧表示WP-PostViewsの使い方
自サイト内のアクセス解析は、何かのツールやアナリティクス、サーチコンソールでもしている方が多いですが、簡単に「どの記事が一番読まれているのか」を見られるプラグインのご紹介です。 記事一覧の画面でも表示されるのがとてもわかりやすくて便利です。...

その他(緑枠)はfuction.phpのカスタマイズ

WordPress管理画面で文字数・ID・サムネイルなどを一覧で見たい!プラグインなし
ワードプレスの投稿記事一覧画面で、記事の文字数や記事個別のユニークIDなどがパッと見てわかると便利です。 テーマやプラグインによっては部分的に実現されているものもあったり、それを実現するプラグインなどを使う事も出来ますが、テーマのfunct...

 

どちらが良いか?

デザイン機能・管理機能・サポート体制(マニュアルやサポートフォーラム)などで、全体的にはCocoonの方が良いかもしれません。

両方とも使わせて頂いているので、個人的に
「この機能はこっちの方が使いやすい」と感じるものをまとめます。

あくまでも個人的な感想です。

Luxelitasだから便利な事

定型文登録がとても使いやすい。
子テーマ編集画面が便利。

個人的にはこの2点が特に便利です。特に定型文登録機能は、よく使うフォーマットなどをコードで登録しておけば、記事を書きながらすんなり挿入出来てとても使いやすく、この機能がないと困る。

Cocoonにもテンプレート機能があり、定型文を登録可能ですが、ショートコードでの挿入になる為、あくまでも「定型文」としてそのままでしか使えないのですが、Luxelitasの方は、HTMLコードを挿入出来る為、「定型文」としてももちろん使えますし、内容は記事ごとに編集が可能です。

以下も参考にして下さい。

WordPressの厳選!無料テーマ!ルクセリタスは最速・高機能!-2021年
はじめに とにかく速い!!! SEO、レスポンシブも完璧、無料にこだわるブログ利用であれば、これ一択★ 「速くて高機能で言うことなし」の私が一番お勧めのテーマです。有料テーマもあれこれ検討したのですが、結局、ルクセリタス以上の魅力を感じるも...

 

不便な点

外観→カスタマイズ から設定する項目が多く、何かをしたいと思った時にどこで設定するかがわかりにくい。

設定箇所から検索できる50音順の逆引きは以下を参考にして下さい。

ルクセリタスの設定 やりたい事の逆引きで編集箇所がわかる50音順一覧
ルクセリタスはとても高機能で、管理画面でカスタマイズできる内容は 約64種 600項目以上もあります!(常に進化しているのでもっとあります) いざ、何かを変えたい時に、どこでその設定が出来るのかをすべて把握するのはちょっと困難で、ちょっと探...

 

個人が開発している為、将来性に不安が残る。

 

Cocoonだから便利な事

初期選択できるデザインが豊富にある。
アフィリエイト機能が充実している。
標準搭載の装飾スタイルが充実している。
マニュアル・サポートが充実している。
管理画面が充実している。
大抵の事は標準機能でなんとかなる。
記事単位にCSS、JavaScriptが簡単に記述できる。
エックスサーバーが運営する無料テーマで将来的に安心感がある。

 

記事ごとに、その記事のみで利用するCSS、JavaScriptが記述出来るのがとても便利です。

更にアフィリエイト系の機能や、管理画面の情報表示はLuxelitasにはない部分です。

CocoonならAPI設定も出来ますし、もしもアフィリエイトやバリューコマースの設定、Amazon、楽天、Yahooにも対応しており、商品リンクのプラグインやカエレバなどは不要です。

その他、デザインや管理機能すべてにおいて設定できる項目は多いですが、画面がわかりやすく、それぞれの設定箇所がある画面に解説ページへのリンクが設置されているのがとても親切。

公式サイトには設定や使い方のマニュアルも充実無料のサポートフォーラムや、公式サイト推奨のカスタマイズ依頼先もあります。

公式サイトマニュアル

サポートフォーラム

Cocoonカスタマイズ依頼

不便な点

不便な点は特になし。

コメント

タイトルとURLをコピーしました