簡単!iPhone・iPadでYoutubeなどの動画を録画保存する方法

アプリ

iOS端末で画面を録画して保存するのは、iOSの標準機能画面収録」を使えばとても簡単です。

 

画面収録機能

コントロールセンターを開き、以下のマークをタップするだけです。

iOSコントロールセンター

 

コントロールセンターの表示方法

端末によって異なりますが、以下のいずれかで出るかと思います。

iPhone X 以降では、画面の右上隅から下にスワイプします。閉じるには、画面の下部から上にスワイプするか、画面をタップします。

iPhone SE (第 2 世代)、iPhone 8 以前、iPod touch では、画面の下部から上にスワイプします。閉じるには、画面の上部をタップするかホームボタンを押します。

iPadでは画面の右上角から真ん中に向かってスワイプします。

コントロールセンターの表示

 

「画面収録」ボタンがない場合

設定から「コントロールセンター」を開き、

コントロールをカスタマイズ」をタップします。

 

iOSコントロールセンター

 

 

下の方に「画面収録」がありますので「+」を押して追加します。

 

コントロールセンターの表示

 

上部に並んでいるものが、表示されるもの。要らないものは「」で非表示に出来ます。

iOSコントロールセンター

 

実際に録画してみる

動画準備

YouTubeなど、録画したい動画を開き、「ポーズ」にしておきます。

動画準備

 

録画開始

コントロールセンターを開き「画面収録」を押します。

iOSコントロールセンター

 

3秒のカウントダウンが始まるので、その間に元の画面へ戻ります。

iOSコントロールセンター

 

準備していた動画を再生します。

動画再生

 

録画を終了する

全画面の場合

全画面で動画再生している場合は、上図のように停止ボタンがないので、もう一度「コントロールセンター」を開いて停止します。

 

全画面でない場合

全画面にしていない場合は、下図のように、録画中マークが表示されます。

これをタップすれば停止します。

録画停止

 

保存

停止と同時に(数秒のタイムラグあり)以下のようなメッセージが出て、自動保存されます。

動画保存

 

動画はMP4として、写真に保存されます。

ファイル名称は、日付と数字の付いた形になります。

例:2020XXXX_xxxxxxxxx_iOS.mp4

 

以上で完了です。

 

動画編集

録画した動画を切り抜いたり編集したい場合は以下も参考にして下さい。

 

PCでの動画保存

PCの場合は、以下にまとめています。

 

関連記事

アプリ

Posted by 綾糸