第164回-直木賞・芥川賞・新井賞の受賞作品と候補作品(令和2年2020下半期)

文学賞

概要

対象期間:令和2年/2020年下半期
発表:2021年1月20日(水)
直木三十五賞・芥川龍之介賞
授与者:公益財団法人日本文学振興会

 

過去の受賞作品は以下をご覧ください。

 

直木賞

受賞作品

西條奈加:心(うら)淋し川

集英社

「誰の心にも淀みはある。でも、それが人ってもんでね」
江戸、千駄木町の一角は心町(うらまち)と呼ばれ、そこには「心淋し川(うらさびしがわ)」と呼ばれる小さく淀んだ川が流れていた。川のどん詰まりには古びた長屋が建ち並び、そこに暮らす人々もまた、人生という川の流れに行き詰まり、もがいていた。

 

候補作品

芦沢央:汚れた手をそこで拭かない 文藝春秋
伊与原新:八月の銀の雪 新潮社
加藤シゲアキ:オルタネート 新潮社
坂上泉:インビジブル 文藝春秋
長浦京:アンダードッグス KADOKAWA

 

 

芥川賞

受賞作品

宇佐見りん:推し、燃ゆ

推しが炎上した。ままならない人生を引きずり、祈るように推しを推す。そんなある日、推しがファンを殴った。

 

候補作品

尾崎世界観:母影(おもかげ) 新潮 12月号
木崎みつ子:コンジュジ すばる 11月号
砂川文次:小隊 文學界 9月号
乗代雄介:旅する練習 群像 12月号

 

 

 

過去の受賞作

 

過去の直木賞

過去の芥川賞

 

過去の新井賞

 

高校生直木賞はこちら

 

売れ筋ランキング(Amazon)

直木賞受賞作家
芥川賞受賞作家

 

関連記事

文学賞

Posted by 綾糸